• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「はやぶさ」は日本の科学技術の誇り

打ち上げから地球帰還までの7年間を追う《前編》

2010年7月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

小惑星探査機はやぶさの大冒険』(山根一眞著 、マガジンハウス、7月29日発売、四六判本文296ページ+カラー16ページ、1365円)

 小惑星探査機「はやぶさ」の7年間を描いた拙著、『小惑星探査機はやぶさの大冒険』(マガジンハウス刊)がやっと7月29日発売にこぎつけた。本連載では事業仕分けを踏まえて政府の科学技術のあり様について警鐘を鳴らしてきたが、「はやぶさ」の帰還は別の形で日本の科学技術を考えさせられるきっかけとなった。そこで、取材・執筆を通じて何が見えてきたのか、2回にわたって報告する。



 私の書斎の壁にかかっているカレンダーには、5月1日から6月12日まで、「-39」「-38」・・・「-2」「-1」という数字がペンで記してある。6月13日を「0」とするカウントダウンの数字である。

 6月13日――。それは、小惑星探査機「はやぶさ」の地球帰還予定日だ。「はやぶさ」の正確な地球帰還日はなかなか公開されなかったため、カレンダーのカウントダウンは5月から始まっているのである。私は、このカウントダウンの数字にせかされるように、原稿執筆を猛然と進めたのである。

 2010年1月上旬、出版社のマガジンハウスから「はやぶさ」の本の執筆依頼を受けた。「はやぶさ」の地球帰還前に出版して、「はやぶさ」への理解を広めたいというリクエストだった。同社と計画していた別の本が薄手のブックレットだったので、2週間もあれば入門書をまとめられるだろうと思い、軽い気持ちで引き受けた。

 だが後に、しっかりとしたノンフィクション本としての依頼だったと知り、青くなった。時間が足りない、進行中の大事な本がまだ終わっていない、今からでは追加の取材は難しい・・・。とはいえ、「はやぶさ」の存在は広く伝えなければならないという思いは大きかった。

 2009年秋の「事業仕分け」では、宇宙予算も大きな「攻撃対象」にされた。1プロジェクトについて数分の質疑応答のみで「縮減、廃止」とされたものが多かった。「仕分け人」たちは後に、「質問してもきちんとした説明ができなかったじゃないか」と口にした。だが実際は、きちんとした説明を始めると「時間がない、技術論は不要!」と「説明」は徹底して拒否されていた。国家が自らの手で、日本の誇り、未来を潰していく姿には言葉が出なかった。

 「はやぶさ」の後継計画については具体的には論じられなかったが、二度とこういう不幸に見舞われないよう、「はやぶさ」に代表される宇宙への取り組みがいかに大きな日本の誇りであり、国民にとって、特に「子どもたち」にとって未来に希望を抱く大きな存在かを、分かりやすく、徹底して書かなくてはならないと考えていたのである。

小惑星からサンプルを持ち帰る世界初の試み

 2009年に入ってネット上には膨大な「はやぶさ」情報が溢れ始めた。「はやぶさ」ファンが創作した映像も多くアップされ、また「はやぶさ」をテーマにするブログ、ツイッターも急増した。だがその多くは、JAXA(宇宙航空研究開発機構)やISAS(同・宇宙科学研究所)の公開データが基になっている。肝心のJAXAやISASの「はやぶさ」情報も7年間にわたる新旧のウェブサイトが入り交じっていて分かりにくい。「はやぶさ」の打ち上げ後に日本の宇宙3機関が統合されJAXAが誕生したことも、分かりにくさの原因の1つだと思う(分かりにくさではNASAも同じだが)。

 「はやぶさ」チームの各人が公開しているウェブサイトも少なくない。ネット上で「はやぶさ」を調べ読み始めると、何日徹夜をしても読み切れないデータの洪水に溺れてしまう・・・。また、宇宙技術だけに、JAXA/ISASの情報は難解なものも少なくなかった。

 マガジンハウスからの依頼は、そこで、「『はやぶさ』のすべてをスッキリと整理をし、中学生でも理解できる分かりやすい内容で書いてほしい」というものだった。

 宇宙取材は1990年代初頭から始めているが、その中で「小惑星へ行きサンプルをかっさらって地球に持ち帰る計画がある」と知った。そんなとてつもないことを日本がするのか、とびっくりした。世界のどこもまだ実現していない、生半可なことではできない挑戦だ。こういうフロンティア・スピリットは、国家にとって欠かせない力の根源でもある。これは黙ってはいられない、と取材を開始したのである。

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

 2003年5月9日のM-Vロケットによる「はやぶさ」の打ち上げにも立ちあったが、知れば知るほど課題の大きさを実感。このミッションがすべて成功するとは思えなかった。

画像のクリックで拡大表示

コメント26件コメント/レビュー

なんか「サンプル採取に失敗したから『はやぶさ』は失敗だ」というコメントがありますが、気が早い人もいるものです。カプセルの分析はまだ終わっていないので、「サンプル採取に失敗」かどうかはまだ判っていませんよ。そもそも「100点満点でなければ0点」であるかのような見方がおかしい。技術試験衛星であるからには、成功した技術・失敗した技術を個々に判定すべきであって、「成功」か「失敗」かの二者択一ではない筈です。サンプル採取の成否に拘るあまり、長期間に及ぶイオンエンジンの運用や、世界初の月以外の天体への着陸と帰還等、成功した点を無視するのは公平な視点とは言えないのではないでしょうか。(2010/08/02)

「未来への扉を閉ざされた科学技術」のバックナンバー

一覧

「「はやぶさ」は日本の科学技術の誇り」の著者

山根 一眞

山根 一眞(やまね・かずま)

ノンフィクション作家

ノンフィクション作家として先端科学技術分野の熱い人間像を描き続ける一方、3.11被災地支援活動も人生の大きな柱です。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なんか「サンプル採取に失敗したから『はやぶさ』は失敗だ」というコメントがありますが、気が早い人もいるものです。カプセルの分析はまだ終わっていないので、「サンプル採取に失敗」かどうかはまだ判っていませんよ。そもそも「100点満点でなければ0点」であるかのような見方がおかしい。技術試験衛星であるからには、成功した技術・失敗した技術を個々に判定すべきであって、「成功」か「失敗」かの二者択一ではない筈です。サンプル採取の成否に拘るあまり、長期間に及ぶイオンエンジンの運用や、世界初の月以外の天体への着陸と帰還等、成功した点を無視するのは公平な視点とは言えないのではないでしょうか。(2010/08/02)

コメントを見て、いつもながらの科学と技術の混同が、意見の相違になっています。それぞれ分けて考えて見ましょう。科学としてみれば、小惑星の構成、成り立ちの分析用の資料のゲットが目的なので、実際の資料が得られ分析できて100%成功と言えるでしょう。技術的には、ブースター(Mロケット)は完成品、イオンロケットは実証実験成功、制御装置のフェールセーフは大成功、装置部品の信頼性の向上が必要。といったところでしょう。 まとめれば、科学的には、物理計算は正しく小惑星まで導きました、物性化学的には、これからの分析しだいです。 技術的には、実証実験は、成功したといえるでしょう。確かに実証実験だけなら、もっと小規模でよいのではないかという意見もあります。残念ながら、科学的ロマンを訴えなければ、予算が取れないという現実があります。今回のミッションは確かに冒険的ですが、典型的な日本の科学と技術の相乗りで、予算を獲得し実行したものです。(2010/08/02)

JAXAのホームページによると、ミッションの目的は次の通り。◆「はやぶさ(MUSES-C)」ミッションで探査する天体は、近地球型とよばれる小惑星「イトカワ」です。私たちはこの計画をとおして、小惑星から表面の物質(サンプル)を地球に持ち帰る技術(サンプル・リターン)を確立します。地球上でサンプルの分析が行えるため、回収される量が少なくてもその科学的意義は極めて大きいものとなります。◆ 複数挙げられているのは、機械の技術的開発目標に過ぎない。(2010/08/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長