• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本は環境ベンチャーに冷たい

良い技術=成功、とならない日本で起業家を育てるには

  • 佐藤 紀泰

バックナンバー

2010年9月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 環境技術立国として日本が復活するためにはベンチャー企業の育成がカギになる――。こう語るのは大阪ガスで研究者として活躍した後で、二酸化炭素回収の透過膜を開発するルネッサンス・エナジー・リサーチの岡田治社長だ。

 岡田氏は2004年に退社した後、資金繰りなどで苦労したが、今では世界が注目する技術を開発できている。日本では米国などと異なり、環境技術を評価するVC(ベンチャーキャピタル)が少ないことが課題であり、岡田氏もそれで苦労した。

 そんな岡田氏を支援したのが住友商事だった。ベンチャー企業と総合商社が強力なタッグを組めば、環境ベンチャーを日本でも数多く育てることが可能かもしれない。ルネッサンスの岡田社長と、住友商事の執行役員である溝渕寛明・新事業推進本部長に聞いた。

(聞き手は佐藤紀泰=日経ビジネス編集委員)

 ―― 二酸化炭素の低コストで回収する透過膜の技術が注目されていますが、2004年にルネッサンスを創業されてから、かなり苦労されたそうですね。

ルネッサンス・エナジー・リサーチの岡田治社長(写真:山田哲也)

 ルネッサンス・エナジー・リサーチの岡田治社長 ええ、日本のベンチャーは良い技術を開発しても、それで成功するとは限らないということが良く分かりました。試験プラントの建設準備に入っていますが、そのための資金でも苦労しました。

 研究開発はNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)など公的な資金で100%補助されます。これは素晴らしい。しかし、研究だけではビジネスになりません。その先は実用化のために試験プラントを作る必要があります。しかし、それが集まらないのです。実用化のための試験プラントは設計1年、建設1年、そして運営で1年ぐらいかかり、その後に結果を見て行く必要があります。

 環境技術で成功しようとすれば、このように時間がかかる。だが、それを日本のVCの人たちには理解してもらえない。研究で実績を出しても、それが評価されない。それこそ、外食チェーンのようなところには簡単に投資をするのに、日本にとって重要な環境ベンチャーには冷たいのです。たくさんのVCの人たちにも会いましたが、みんな銀行マンのようなことを言っていますよ。

特許の申請費用でも苦労

 ―― 確かに米国など海外のVCとは違いますね。

 岡田 米国でもそうでしょうが、環境ベンチャーが有望な技術を作りだせば、そこで高く評価され、資金も確保できます。しかし、日本ではそうではない。

 ルネッサンスでは二酸化炭素だけを透過させ、回収できる透過膜について新しい素材を開発しました。2007年にはだいたい、従来の技術と比べて1000倍のスピードで回収できる技術になりました。課題だった寿命も8000時間に向けて順調に伸ばしています。

 それでも、そんな技術はあまり評価されない。それよりも、売り上げがどれぐらいあるのか、とかです。「試験プラントができてから、来てください」なんて、よく言われました。試験プラント建設のためのお金が必要できているのに、ですよ。

コメント12件コメント/レビュー

VC業界の者です。偶然記事を目にしましたので個人的な意見をいくつか。また、前提条件としてアメリカのVCの実態・内部については知識はありませんので悪しからず。・商習慣の問題「銀行借入の個人保証」に代表されるような社長個人の大きすぎるリスク・経営人材の不足(社長、VC含め)サラリーマンではなく経営のプロ、及び国外に事業を展開する力がある人材・市場規模国家としては世界第3位の市場とはいえ、、日本語「圏」としてみた場合他の言語圏と比較して商圏は大きいとはいえなず、かつ縮小傾向にある。日本国内では大きな事業を構築することが難しい?・(VCから見た)出口国内ビジネスでは大きな事業に育ちにくく、更に、上場審査が厳格化されたため、上場できる企業は年間に20~30社ほどに過ぎない。また、度重なる不祥事等さまざまな要因有り、(一部の話題の企業を除き)PERがつきにくい。また、上場以外の出口は(一部の例外を除き)、BPS程度しか評価されない。・VCファンド規模上記のような出口環境も一因(VCの能力不足も否めないが)となり、VCファンドのリスクとリターンは見合っておらず、したがって国内機関投資家から見て魅力ある投資対象とはならない。小規模なファンドしか組成できない場合、リスク分散の観点から一社に大きな投資を行うことは難しくなる。皆様のご指摘の通り、日本のVCは未成熟で、人材の質も向上の余地はあるかと存じます。ただし、環境ビジネスに関しては、「ファンド満期が7~10年だが、それまでに事業化するのが困難であることが多い」「社長が技術者としては優秀だが、ロードマップに則り、人・モノ・カネを適切に運用できない」「多額の資金が必要だが、成功する確率と成功した場合のリターンを考えてもリターンとリスクが見合わない。」等々、通常の投資よりもハードルが高くなる傾向はあるように感じます。(2010/09/06)

「敗れざる者たち」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

VC業界の者です。偶然記事を目にしましたので個人的な意見をいくつか。また、前提条件としてアメリカのVCの実態・内部については知識はありませんので悪しからず。・商習慣の問題「銀行借入の個人保証」に代表されるような社長個人の大きすぎるリスク・経営人材の不足(社長、VC含め)サラリーマンではなく経営のプロ、及び国外に事業を展開する力がある人材・市場規模国家としては世界第3位の市場とはいえ、、日本語「圏」としてみた場合他の言語圏と比較して商圏は大きいとはいえなず、かつ縮小傾向にある。日本国内では大きな事業を構築することが難しい?・(VCから見た)出口国内ビジネスでは大きな事業に育ちにくく、更に、上場審査が厳格化されたため、上場できる企業は年間に20~30社ほどに過ぎない。また、度重なる不祥事等さまざまな要因有り、(一部の話題の企業を除き)PERがつきにくい。また、上場以外の出口は(一部の例外を除き)、BPS程度しか評価されない。・VCファンド規模上記のような出口環境も一因(VCの能力不足も否めないが)となり、VCファンドのリスクとリターンは見合っておらず、したがって国内機関投資家から見て魅力ある投資対象とはならない。小規模なファンドしか組成できない場合、リスク分散の観点から一社に大きな投資を行うことは難しくなる。皆様のご指摘の通り、日本のVCは未成熟で、人材の質も向上の余地はあるかと存じます。ただし、環境ビジネスに関しては、「ファンド満期が7~10年だが、それまでに事業化するのが困難であることが多い」「社長が技術者としては優秀だが、ロードマップに則り、人・モノ・カネを適切に運用できない」「多額の資金が必要だが、成功する確率と成功した場合のリターンを考えてもリターンとリスクが見合わない。」等々、通常の投資よりもハードルが高くなる傾向はあるように感じます。(2010/09/06)

日本の創業経営者が経営権をVCに奪われるのを嫌うのは、やはり一度「失敗」すると再起のチャンスがなかなか巡ってこない社会環境にあるものと思います。そもそも起業にあたってどれだけの苦労が必要か一度経験しているだけに、二度目をやる気力が出るかどうかと言うと難しいかも。確かに根が深い問題かも知れません。だからこそVCの側にも細やかな気遣いが必要なのでしょう。外資のVCはその辺は得意なのでしょうか…。いずれにしても単に銀行屋さんを非難するのはそれはそれで近視眼的なのかもと反省させられます。(2010/09/06)

環境に投資するには、技術に対する確かな知識とそれに基づく深い洞察力が必要。銀行屋には土台無理な話。民主党の仕分けでも思ったのだが、技術をちゃんと評価できる人材が日本には少なすぎるのではないか。文系出身のエリートばかりが幅を利かす社会であることも一因だが、理系人間でも、つくる事ばかり夢中でそれを客観的に評価して文系ビジネスマンへの橋渡しができる人材が意外と少ないのではないかと思う。優秀なシェフが沢山いても、味にうるさいお客がいなければ三ツ星レストランは増えない。こういう技術評価主体の人材を養成して行くことも必要であると思う。(2010/09/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員