• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「はやぶさ」の“熱さ”を知る人材が次代を担う

打ち上げから地球帰還までの7年間を追う《後編》

2010年9月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

小惑星探査機はやぶさの大冒険』(山根一眞著 、マガジンハウス、7月29日発売、四六判本文296ページ+カラー16ページ、1365円)

 小惑星探査機「はやぶさ」の7年間を描いた拙著、『小惑星探査機はやぶさの大冒険』(マガジンハウス)が7月29日に発売された。本連載では事業仕分けを踏まえて政府の科学技術のあり様について警鐘を鳴らしてきたが、「はやぶさ」の帰還は別の形で日本の科学技術を考えさせられるきっかけとなった。前編では「はやぶさ」のプロジェクト開始から帰還までを振り返った。後編では、「はやぶさ」帰還後の国内の反響をお届けする。

『はやぶさ』は日本の科学技術の誇り」から読む



 「はやぶさ」の大気圏再突入、そしてカプセルの地球帰還に日本中がわいたのは6月13日のことだ。JAXA(宇宙航空研究開発機構)に対して国民が寄せた賛辞と喝采は、科学技術を担ういずれの機関も経験したことのないほど大きかった。

 「はやぶさ」から分離されオーストラリアのウーメラ砂漠に着地したカプセルは、7月30~31日に相模原市立博物館、8月2~6日に筑波宇宙センター、そして8月15~19日まで「丸の内OAZO(オアゾ)」1階の「○○(おお)広場」で公開された。さらに、日本科学未来館(8月26日~30日)、JAXA角田宇宙センター(9月11日~12日)と続く。筑波宇宙センターでは天皇皇后両陛下も「カプセル」をご覧になり、プロジェクトマネージャーの川口淳一郎教授らに技術的な質問もされたようだ。

画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

 各地のカプセル公開では、前夜からオープンを待つ人、一目見るために数時間以上も行列しなくてはならない場面もしばしば見られた。その人々は、この数年、ネット上で増えていた科学技術に関心がある「はやぶさファン」だけではなかった。幼稚園児や小学校の低学年の子どもたち、科学技術には縁遠いとされてきた若い女性や主婦の姿も多く、70代以上の女性も少なくなかった。

画像のクリックで拡大表示

7年間の宇宙航海は60億キロメートル

 「OAZO」は東京駅の丸の内北口の真ん前という好立地の商業・オフィス複合ビル。その入口を入ってすぐの屋内広場に公開場所が仮設されたが、公開中に3カ所でのカプセル見学者総数は10万人を超えた。カプセルは中華鍋ていどの大きさだが、その小さな宇宙機に対して人々がこれほど大きな関心を寄せた背景には、来場者の多くが口にしていた「日本の科学技術はやはり一番でなくっちゃね」という趣旨の発言が物語るように「事業仕分け」による先端科学技術潰しへの危機感も大きかったのではないか。

コメント38

「未来への扉を閉ざされた科学技術」のバックナンバー

一覧

「「はやぶさ」の“熱さ”を知る人材が次代を担う」の著者

山根 一眞

山根 一眞(やまね・かずま)

ノンフィクション作家

ノンフィクション作家として先端科学技術分野の熱い人間像を描き続ける一方、3.11被災地支援活動も人生の大きな柱です。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官