• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「倭僑」の製造が日本の未来を変える

グローバル展開で勝つ人材の活用・育成

  • 小林 慎和

バックナンバー

2010年9月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 なぜ日本は途上国市場で負けるのか。製品の問題か。プロモーションの問題か。企業のグローバルガバナンス、マネジメントの問題であろうか。そのどれもが、日本が負けているという現状の理由の一部ではあるだろう。しかし、最も大きな問題は、人材なのではないだろうか。

 「華僑」という言葉を聞いたことがある方は多いだろう。正確な統計も定義もないわけだが、全世界に華僑は約6000万人いると言われている。中国は言わずと知れた人口が世界最大の国であるのだが、海外の人的なネットワークという意味でも世界最大を誇っている。中国人が海外でビジネス展開する際に、こうした現地に根ざした華僑ネットワークが大きな役割を果たしていることは否めない。

 同様に、印僑(海外で根づき生活しているインド人)は、約1500万人と言われている。シリコンバレーでは3人に1人はインド人であり、これまでの多くのIT(情報技術)サービスはインド人の手によるところが大きい。約1500万人のインド人のうち、アフリカ大陸には約300万人の印僑がいる。こうした印僑が、インド企業のアフリカ進出の際に大きな役割を果たしていることもまた、事実である。それに対して、アフリカ大陸にいる日本人(永住者・長期滞在者)は1万人もいない。日本がアフリカで出遅れている所以である。

 グローバル展開をしていく場合、現地法人にどこまで事業経営権を渡し、現地に根ざした事業展開をできるかどうかということは、もちろん大きな課題である。その一方で、やはり「同胞」が多いにこしたことはない。同胞である在留邦人のいない土地の中で、事業を始める難しさは、想像を超えるものがあるだろう。

 では、なぜ韓国は新興国で勝っているのか。製品やプロモーション、またはグローバルガバナンスの観点でもその根拠を語ることができるが、今回は人材の活用・育成の仕方にフォーカスしてみたい。

 韓国は、人工的に「韓僑」を製造し始めたのだ。

 下図は、日本と韓国の人口1000人当たりの海外在留人口の推移である。2002年時点では、1000人当たり5人と同程度であったものが、5年の間に3倍の差をつけられている。まだ公式な人口統計が発表されていないが、2010年現在では4倍の差をつけられていてもおかしくないだろう。

 韓国の人口は約4800万人で、日本は約1億2700万人である。約2.5倍の差がそこには存在する。海外在留人口は絶対値でみても、韓国人は日本を上回った。具体的には、2007年時点で日本の在留邦人数が約75万人であったのに対して、韓国の在留人口は80万人を超えたのである。

 2010年3月の日本経済新聞の朝刊で、「サムスン さらに奥地へ」というコラムが掲載された。サムスン電子は以前より、現地専門化制度という人事制度を設けていた。これは、本人が希望する国(基本的にどの国でもいい)に1年間赴任し、その国を理解するというミッションが与えられる制度である。現業のラインからは外される。営業活動をする必要も原則ない。

 筆者は、その制度を活用して日本に来ているサムスン電子社員にインタビューしたことがある。その社員は、「毎週おいしいラーメンを食しては、本国に日本のラーメンレポートを送っている」と言っていた。半分は冗談だとしても、その国とはどのような国なのか。どのような文化が根づき、何が流行し、人々はどのように生活しているのか。滞在する国の真髄を理解することが第一のミッションなのである。

 これまでの対象国は、基本的にどの国でもいいとはいえ、サムスン電子にとって重要な市場となる欧米諸国、中国や日本などが中心であった。それが今回はナイジェリア、モザンビーク、グアテマラなどエレクトロニクス市場としては未開拓の国々を選出し始めたという。その数23カ国に上る。

 派遣するのは、第一線を退いたシニア世代ではなく、30代前半の脂が乗り切った若手社員たちである。サムスン電子のこの戦略は、世界中の国々に、韓僑を製造しようとしているのである。韓国の企業は、華僑と印僑というこの巨大な2大勢力に対抗するために、こうした人事戦略を実行に移しているのである。

コメント3件コメント/レビュー

私は数年前に上海に移住した「和僑」の1人ですが、日本人の海外最大居留地なので留学生達に接する機会も多く、幾つかのコミュニティの世話人もさせて頂いています。日本から来た若者達を見て確信していますが、経験、人脈の無い若者を無条件に海外に送り出しても、予備知識無しに雪山でサバイバル訓練するに等しい結果をもたらすだけです。たまさか運の良い生存者は出るでしょうが、死屍累々になるのは日を見るより明らかです。記事にもある通り、今まで企業や政府組織によって、日本人の海外進出に関して様々な取り組みがなされてきましたが、そのどれもが上手くいっていない問題は日本人ネットワークの閉鎖性にあります。日本の義務教育に起因する語学センスの低さが生み出した、日本語ベースでの駐在員生活者が大半という大問題が背景にありますが、永住覚悟の「和僑」を除く駐在員とその家族、そして留学生の大半は、日本人だけのコミュニティで日常生活を送っています。国内で、海外に送り出すための教育改革を進めるのが先決ではないでしょうか。また進出企業支援の中途半端さも気になります。今更、満州鉄道的な植民地支配目的の国策企業を作るのはナンセンスですが、若年社会人の海外進出を支援する組織がきちんと機能していないのも大きな問題でしょう。私が協力していたOVTAの海外支援事業も仕分けされ今年から廃止されましたが、日本は自ら望んで「ひきこもり」への道を歩んでいる様に外からは見えます。(2010/09/02)

「クラウドの先を読む 産業パラダイム・チェンジ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は数年前に上海に移住した「和僑」の1人ですが、日本人の海外最大居留地なので留学生達に接する機会も多く、幾つかのコミュニティの世話人もさせて頂いています。日本から来た若者達を見て確信していますが、経験、人脈の無い若者を無条件に海外に送り出しても、予備知識無しに雪山でサバイバル訓練するに等しい結果をもたらすだけです。たまさか運の良い生存者は出るでしょうが、死屍累々になるのは日を見るより明らかです。記事にもある通り、今まで企業や政府組織によって、日本人の海外進出に関して様々な取り組みがなされてきましたが、そのどれもが上手くいっていない問題は日本人ネットワークの閉鎖性にあります。日本の義務教育に起因する語学センスの低さが生み出した、日本語ベースでの駐在員生活者が大半という大問題が背景にありますが、永住覚悟の「和僑」を除く駐在員とその家族、そして留学生の大半は、日本人だけのコミュニティで日常生活を送っています。国内で、海外に送り出すための教育改革を進めるのが先決ではないでしょうか。また進出企業支援の中途半端さも気になります。今更、満州鉄道的な植民地支配目的の国策企業を作るのはナンセンスですが、若年社会人の海外進出を支援する組織がきちんと機能していないのも大きな問題でしょう。私が協力していたOVTAの海外支援事業も仕分けされ今年から廃止されましたが、日本は自ら望んで「ひきこもり」への道を歩んでいる様に外からは見えます。(2010/09/02)

「倭僑」を作るのは、二つの点から難しいと思う。一つ。これは古い話なので今でも通るものかわからないが、日本人は、現地と深く関わったとき、溶け込んでしまうという。日本人でなくなってしまうのだ。もう一つ。現代の日本人は、日本が好きだとか日本のためとかいう思いを持つことを禁止されて育ってきた。そういう「日本人」達が「倭僑」になり得るだろうか。(2010/09/02)

日本人の再鎖国化に懸念を持つものです。若い者たちが、海外に出たがらなくなった理由にはいろいろな背景があるとは思います。 しかし、日本の将来の発展のためにはマイナスでしかありません。筆者の意見に賛同できます。ただ一点だけ指摘しておきます。“シリコンバレーでは3人に1人はインド人である”とはいったいどこからデータを取ってきたのでしょうか。よく海外の事情を参考として載せる記事がありますが、間違ったことを載せている記事が多すぎます。シリコンバレーにおいて、インド人の比率がIT関係の発展で多くなったことは確かですが、人口の3分の1とはあまりにもかけ離れています。アジア人全体の割合と間違えたのではありませんか。(2010/09/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表