• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

グリーは「ゲームサービス」ではない

田中社長「日本で最初に1億人が使うサービスを作る」

2010年9月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ミクシィが運営するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「mixi」に会員数で圧倒的な差をつけられ、後塵を拝してきた歴史を持つグリーだが、今や立場は完全に逆転している。時価総額3000億円超、純利益は2010年6月期は前の期と比べ2.5倍の115億円に達している。

 彼らを急激に成長させたのは「携帯電話」、そして「ソーシャルゲーム」だ。「モバゲータウン」を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)と同じ土俵で戦いつつ、ミクシィの動きにも常に注意を払う周到さ。グリーは事業拡大についてあくまでもどん欲であり続ける。

 グリーの戦略を田中良和社長に聞いた。

(聞き手は原 隆=日経ビジネス記者)

―― DeNAはソーシャルゲームに注力し、ミクシィはプラットフォーム事業に専念している。グリーは何を目指しているのか。

グリーの田中良和社長(写真:陶山 勉、以下同)

 田中 まず、はっきりさせたいのは僕らはコミュニケーションを加速させるために「ゲーム」を選んでいるだけだということです。いわゆるゲームが大好きという人たちを対象にしているわけではありません。あくまでゲームは友達とのコミュニケーションを円滑にするための存在。エンタメ、特にゲームを通じてコミュニケーションを図ることで人間関係が築かれていくと考えています。

 ソーシャルゲームというのは新しい存在なので、形容しにくい。今はゲームが一番分かりやすいんでしょうが、要はネットを通じたコミュニケーションというのが社会全体で増えていくなかで、媒介になるようなサービスが非常に価値を持つということ。それが本質論です。

友達が教えてくれる、友達を介して情報収集できる

 ソーシャルゲームをゲームサービスの1つとしてはとらえていません。だから、ゲーム市場と競争している気は毛頭無いし、ゲーム市場のお金が動いているという感じもしていない。社会全体における余暇、コミュニケーションにかけているお金や時間が我々のビジネス領域に落ちているんだと思います。

―― ソーシャル時代を迎え、情報の流通はどう変化するか。

 検索サービスは今ある情報をより見つけやすくするというのが目的です。検索エンジンという中央集権的な仕組みが情報を教えてくれていました。ソーシャル時代においては、友達が教えてくれる、もしくは友達を介して情報収集できるというのが従来と異なる点と言えるでしょう。

 これは技術の発展がもたらしたというよりは、ユーザー側が変化した結果だと思います。3年前と比べて、書いているメールの量も、明らかに今の方が多い。昔以上にネットを細かく使いこなせるようになり、慣れてきているからこそ高度なコミュニケーションを求めるようになったんでしょうね。

 このようにコミュニケーションが高度化する中で何が起きるか。それは、リアルやバーチャル、ネットや対面といった区別すること自体が忘れ去られていくということです。そこに違いを感じる人は減っていくと思います。

 昔の人は誰かを呼び出すときに銀座と渋谷に呼び出すことは相当意味が異なることだと思っていたかもしれません。けど、今はそう思わないでしょう。しょせん、リアルとバーチャルなんてその程度の差になると思います。リアルかバーチャルかではなく、知り合いたい人とどのくらい深くつながっているかということが大事です。

コメント1件コメント/レビュー

ミクシィ社長のインタビューに比べると地に足がついていてよかったのではないかと思います。ただ、グリーがトップに立っているのは偶々のような気がします。この種のサービスは、特に日本では、普及しすぎると息苦しくなり勢いが止まります。ミクシィが失速したのが一例ですが、昔の「パソコン通信」の時代から起こっていることです。その解決策が「ソーシャルゲーム」なのか、あるいはグリーが模索しているその先の何かなのか、きちんと見極めるべきでしょう。もちろん、今のままで世界展開しても当初は一定の拡大が見込めるとは思いますが…。(2010/09/21)

「ソーシャルネット経済圏」のバックナンバー

一覧

「グリーは「ゲームサービス」ではない」の著者

原 隆

原 隆(はら・たかし)

日経コンピュータ記者

宮崎県出身。お酒が好きです。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ミクシィ社長のインタビューに比べると地に足がついていてよかったのではないかと思います。ただ、グリーがトップに立っているのは偶々のような気がします。この種のサービスは、特に日本では、普及しすぎると息苦しくなり勢いが止まります。ミクシィが失速したのが一例ですが、昔の「パソコン通信」の時代から起こっていることです。その解決策が「ソーシャルゲーム」なのか、あるいはグリーが模索しているその先の何かなのか、きちんと見極めるべきでしょう。もちろん、今のままで世界展開しても当初は一定の拡大が見込めるとは思いますが…。(2010/09/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長