• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

iPadでドレスの「ヒラリ」を疑似体験

ノバレーゼ、店頭端末で臨場感を演出する

2010年9月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ブライダル事業者のノバレーゼがウエディングドレス選びにiPadを導入した。現物を見てもらいながら、着て動いた場合の様子を動画で再生する。限られた時間で「納得の1着」を選んでもらいやすくなった。
高い操作性と"夢を売る場"にふさわしいデザインが決め手になった。

 画面いっぱいに表示されているのは、ウエディングドレスをまとい、しなやかに動く美しい女性の姿。裾がひらひらと舞い、肩を覆う袖が透ける。そして、オーガンジーが光を受けて刻々と表情を変えていく──。

 これらを言葉で説明するのは難しい。「動画で見せた方が確実かつ効率的に顧客に伝わる」と考え、結婚式を控えたカップルに提示しているのが東京・銀座に本社を持つブライダル事業者のノバレーゼである。

ドレスの魅力を動画でアピール

 ノバレーゼは婚礼プロデュース事業、婚礼衣裳事業、ホテル・レストラン事業の3つを経営の柱としている。現在、銀座をはじめ全国14カ所に結婚式・披露宴用のドレス、タキシードなどのレンタル及び販売を行う直営のドレスショップを展開しており、週末になると、カップルの婚礼衣装選びなどでにぎわう。そこに導入したのがiPadである。

スタッフが顧客に付き添い、ドレス選びを手伝う。着た様子はiPadで動画再生できる

 「iPadの発売日に購入し、その日のうちに銀座店で使い始めた。7月1日からは全国8カ所に計10台を導入している」と語るのはノバレーゼの取締役営業本部長兼セールスプランニング局長の竹本英高氏だ。

 同社の使い方は至ってシンプル。デジタル一眼レフカメラで撮影したウエディングドレス姿のモデルの女性の動画をiTunesに取り込み、iPadに標準搭載されているソフトウエアで再生する。特別なシステム開発費はかかっていない。

 同社のドレスショップに用意されているドレス数は約100点。結婚式は女性にとって夢の晴れ舞台だ。そのため、新婦となる女性は、ラックにずらりとかけられたドレスの中から、「自分の魅力を最大限に引き出せる1点」を選び出そうと必死になる。iPadはその手助けをする。

 ノバレーゼのカウンセリングスタッフは顧客に付き添い、好みなどを聞きながらドレスを紹介していく。同時に、iPadを操作しながら、モデルがそのドレスを着ている様子を動画で見せる。スタッフが言葉で説明する特徴と顧客が思い描くイメージとの間のギャップを埋めていくのである。

 同社のドレスショップへの来店は完全予約制となっており、1回につき2時間までという制限もある。1回の予約で実際に試着できるドレスの点数はせいぜい4点だ。そこで決まらなければ、顧客は日を改めて来店しなければならない。iPad導入は、限られた時間を有効に使ってもらうためでもある。また、試着が少ないほどドレスは傷みにくくなり、ノバレーゼにもメリットがある。

決め手はデザインと操作性

 「弊社のドレスは、シンプルで動きやすいデザインのものが多い。その特徴は動画で見てもらわないと伝わらないとずっと考えていた。その手段を模索している中、iPadというツールに出合った」とノバレーゼで広報・宣伝を担当する野原和歌氏は語る。

 iPad導入後は、これまであまり選ばれなかったドレスが選ばれるケースが増えた。「ドレスを着た時のイメージが伝わりやすくなったからだと思う」と野原氏は効果を説明する。現在、動画化しているドレスは昨年末以降に導入した15点に限られるが、今後、新着ドレスの増加とともに動画対象も増える予定だ。

 ノバレーゼがiPadを積極的に使おうとした理由は2つある。iPad本体のデザインと操作性だ。

「ビジネスiPad」のバックナンバー

一覧

「iPadでドレスの「ヒラリ」を疑似体験」の著者

山田 久美

山田 久美(やまだ・くみ)

科学技術ジャーナリスト

早稲田大学教育学部数学科出身。都市銀行システム開発部を経て現職。2005年3月、東京理科大学大学院修了(技術経営修士)。サイエンス&テクノロジー、技術経営関連の記事を中心に執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長