• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

NTTドコモがカーナビ分野に進出

独自ノウハウ持つメーカーとの「Win-Win」を目指す

  • 日経ニューメディア

バックナンバー

[1/1ページ]

2010年10月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント2件コメント/レビュー

docomoは三洋とパイオニアの両面作戦ということでしょうか。パナソニックとの関係を考えれば三洋のPND事業も先行き不透明ですのでそれをにらんでのことでしょうか。あと、当然このトピックであればauとNAVITIMEの協業について触れるべきかと思いました。先行してCAR NAVITIMEが投入済みですのでその動向が知りたかった。auのスマートフォン向けカーナビアプリもNAVITIMEとの共同展開でしょうしその意味では戦略にブレがないという印象です。auはトヨタとの関係もありますので、傍目にはこちらの方が強みがあるような気がします。(2010/10/26)

オススメ情報

「放送・通信業界ウオッチ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

docomoは三洋とパイオニアの両面作戦ということでしょうか。パナソニックとの関係を考えれば三洋のPND事業も先行き不透明ですのでそれをにらんでのことでしょうか。あと、当然このトピックであればauとNAVITIMEの協業について触れるべきかと思いました。先行してCAR NAVITIMEが投入済みですのでその動向が知りたかった。auのスマートフォン向けカーナビアプリもNAVITIMEとの共同展開でしょうしその意味では戦略にブレがないという印象です。auはトヨタとの関係もありますので、傍目にはこちらの方が強みがあるような気がします。(2010/10/26)

Auよりは1万円くらい高くても勝負になるとドコモは考えているわけですね。http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100524/1031898/推定価格5万円というのは、現状のナビとしては高めの値段設定だと思いますが。(2010/10/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(日本の住宅政策は)いつまでたっても短期主義から抜け出せない。

長嶋 修 不動産コンサルタント