• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

200冊のカタログをiPad“1冊”で持ち運ぶ

トステム、営業ツールの電子化を一気に進めるプロジェクト

  • 大河原 克行

バックナンバー

2010年11月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

1年間に発行するカタログを積み上げたら、高さ140km──。それを一気に削減することも視野に入れた営業ツールを開発中だ。代理店や販売店だけでなく、消費者にもシミュレーションを楽しんでもらい、ホームセンターなど、販路の拡大も推進する。

 「200種類に上るカタログをすべて電子化し、それをiPadで利用できるようになったらどうなるか」──。

 住宅建材メーカーであるトステムが、iPadの活用に踏み出した背景には、数多くの製品カタログを持つという同社ならではの事情があった。

 「営業担当者が200種類のカタログを持ち歩くことはとても不可能。さらに、これらのカタログは毎年のように刷新されており、最新版がどれかということを管理するのも大変。電子化すればiPadにすべてのカタログを収録できる。『1冊』の形で持ち運べるだけでなく、常に最新版のカタログが手元にある状態を作ることができる」。トステム広報宣伝部カタロググループ・小川数博氏はこう語る。

トステム広報宣伝部カタロググループ・小川数博氏

 多種にわたるカタログを効率的に利用するためのツールとしてiPadに目をつけた小川氏は、発売と同時にiPadを入手した。現在、一部地域のエリアマネジャーに数台のiPadを配布。開発したアプリケーションを試験的に活用し始めたところだ。

 トステムは、製品カタログをiPad用アプリケーションとして開発しようとしている。これを同社営業のほか、代理店、販売店などにも利用してもらおうというわけだ。将来的には、消費者もこのアプリケーションをApp Storeから直接ダウンロードして、iPadならではの操作性でトステム製品を閲覧できるようになる。

 「iPadを携行した営業担当者が代理店を訪ねて、画面上に新製品情報を表示しながら、製品を説明できる。また、同様に代理店の方々がこのアプリケーションを利用して、消費者に説明することも可能になる」というわけだ。

個人の直接購入も支援する

 まず、同社が取り組んでいるのは電子カタログとして、iPadを活用する仕組みだ。

 第1弾として、住宅エコポイント制度が施行されて以降、急増しているリフォーム向け需要に対応した高断熱内窓「インプラス」のカタログをアプリケーション化する。年内には3種類の製品カタログをアプリケーション開発する予定だ。

 残りのカタログに関しては、まずはPDFとして電子化し、iPad上で閲覧できるようにする。

 iPadアプリケーションをトステムの営業担当者や代理店での活用にとどまらず、消費者の利用まで視野に入れているのにも意味がある。

 もともと建材業界の基本的な流通は、メーカーから代理店、販売店を通じて、消費者に製品が渡るというものだ。工事を伴うため、消費者が直接トステム製品を購入する例は少なかった。

 だが、住宅エコポイント制度の影響や、ここ数年、リフォームに対する関心が高まっているという背景もあり、消費者が直接取り付けることができる内窓、カーポートなどへの需要が急増している。これらの製品では、消費者がトステム製品をホームセンターなどで直接購入するというケースが増えているのだ。

コメント2件コメント/レビュー

カタログがWEBでみられるようになってとても不便になりました。以前は、電話で、建材の営業担当に希望の条件を提示し該当ページをFAXで送ってもらうようにしていましたが、最近は、「WEBに掲載してます」とか、電子メールで送ってもらうとものすごい大量の電子ファイルが送られてきたりします。(2010/11/09)

「ビジネスiPad」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

カタログがWEBでみられるようになってとても不便になりました。以前は、電話で、建材の営業担当に希望の条件を提示し該当ページをFAXで送ってもらうようにしていましたが、最近は、「WEBに掲載してます」とか、電子メールで送ってもらうとものすごい大量の電子ファイルが送られてきたりします。(2010/11/09)

 ランチミーティングでPV見せようと思っても、従来ならばノートPCが拡げられず無理でしたが、iPadを使うことで場所も取らずに料理や飲み物をこぼす心配もせずに無理なくPVを見せられるようになりました。 ビジネスの現場でのiPad使用例の一つです。(2010/11/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長