• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

IPTVの存在感がジワリと高まる

多チャンネル放送研究所が第2回発表会を開催

  • 日経ニューメディア

バックナンバー

2010年11月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 社団法人衛星放送協会の付属機関であるシンクタンク「多チャンネル放送研究所」は10月25日、第2回発表会を開催した。4つのワーキンググループ(WG)の主査が、研究成果を発表した。

プラットフォーム別加入者数予測

 「プラットフォーム加入者数予測WG」の主査である矢部浩也氏(日活)は、プラットフォーム別加入者数予測の調査結果とその分析結果を報告した。2011年3月末と20112年3月末のそれぞれの加入者数予測を調査した。2012年3月末に関しては、「現実路線」と「希望的観測」の2つの項目について回答を得た。

 現在の多チャンネル放送の市場規模は「1146万件弱」と推定した。2011年3月末の加入者数予測は1161万件(現状に比べて15万件増)となった。2012年3月末は、現実路線が1183万件(前回調査比で82万件減)、希望的観測は1258万件(同162万件減)である。2012年の加入者数予測は、現実路線と希望的観測のいずれも前回調査の実績を下回った。

 全般的に、マーケットの拡大余地が少なくなってきたという意識が強まっているという。

 「スカパー!HD」の2012年3月末時点の加入者数予測は、現実路線が50万件、希望的観測が72万件だった。前回の調査結果と比べると、現実路線が増減なし、希望的観測は12万件増だった。「期待度は昨年よりは高まっているが、現実路線の数値は同じ。伸びる可能性はあるが、実際に数値を伸ばすためには何らかの施策が必要と考える事業者が多い」と分析した。「スカパー!e2」は、現実路線が147万件(前回調査比3万件減)、希望的観測が161万件(同19万件減)だった。「スカパー!e2は昨年同様、順調な加入者増が期待されている」とした。

 ケーブルテレビは2009年12月末時点の723万件から、現実路線が729万件(前回調査比71万件減)、希望的観測が757万件(同93万件減)、IPTVは2010年9月末時点の53万件から84万件(同14万件増)と98万件(同2万件減)という結果が出た。「ケーブルテレビの伸びしろに対する期待が下がっている。代わって、IPTVの現実路線の数値が上がっており、実際にIPTVは伸びるという期待感が現実的になってきた」と述べた。

 今後重視するプラットフォームの順位についての調査結果も発表した。1位から6位までをすべて集計し、順位をポイントに置き換えたところ、ケーブルテレビが第1位、IPTVが第2位、スカパー!e2が第3位だった。スカパー!が第4位で、次いでスカパー!光、携帯電話機という結果となった。昨年の調査結果と比較すると、「IPTVを重視する事業者が増えた一方で、スカパー!の重要度が若干下がった」という。

多チャンネル放送視聴者が最初に選ぶのは?

視聴者調査の料金意識

 料金WGの主査である岩本誠一郎氏(スカイ・エー)は、視聴者調査の料金意識などについて報告した。

 ハイビジョン化による値上げについては、33.6%の多チャンネル放送の視聴者が許容を示すという結果が出た。多チャンネル放送のプラットフォーム間で、大きな差異はなかった。また、携帯電話の有料サービスの加入状況について調査したところ、多チャンネル放送の視聴者(32.3%)が非視聴者(25.4%)を上回った。

多チャンネルにおけるCS放送の広告媒体価値

 広告規模WGの主査である清正徹氏(衛星チャンネル)は、多チャンネルにおけるCS放送の広告媒体価値の分析結果について述べた。

 視聴者調査で「テレビの電源を最初に入れて視聴したいと思うものはどれか」と質問したところ、第1位は地上放送で、第2位はCS放送だった。「多チャンネル放送視聴者といっても最初に選択するのは地上波。しかし第2位のCSは、第3位、第4位を大きく引き離している」(清正氏)と述べた。

コメント0

「放送・通信業界ウオッチ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員