• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

V2G、V2Hの未来:電気自動車を家庭の蓄電池として使え

日本の乗用車は95%以上“お休み”している

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2010年11月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 10月下旬、本格的な電気自動車、日産「リーフ」の組み立てが始まった。「マーチ」の生産をタイ工場に移管した後に、追浜工場で「キューブ」や「ノート」、「ティーダ」といった小型車と混流生産されているようだ。

 1年以上前に発売された三菱自動車の「アイミーブ」の生産は初年度1400台で、1日当たりだと4台にしかすぎない。ほとんど家内工業的な生産である。対する「リーフ」は今年12月に発売して初年度に2万6000台、米国で2万台、日本で6000台売る予定だから、電気自動車の、本当の意味で世界初の量産の開始である。自動車産業では、月産1000台は最低の量産規模である。私の愛車1999年製スカイラインは、月次の販売量(生産量)が600台にまで落ち込んで、商品ラインアップから消えざるを得なかった。

 「リーフ」が積載するリチウムイオン電池は、日産とNECが設立したAESC社で2カ月くらい前から量産が開始されていたのだろう。

 「試作と量産の間には大きな壁があります」

 このことは以前からよく聞いていたことだった。だからリチウムイオン電池の量産にも、電気自動車「リーフ」の量産にも、たくさんの壁を越えるブレークスルーから細々とした工夫まで、たくさんの苦労があったことだろう。

電気自動車普及のカギを握る中国の政策

 電気自動車の時代が始まった。電気自動車の生産は、10年後の2020年に現在の世界生産台数約6000万台の10%に当たる600万台に達するという予測が主流である。しかし、10年後の世界は不透明だ。最大の不透明要因は中国だ。米国の自動車販売台数を越え、年間1700万台の乗用車を販売するようになった中国で、このままガソリン車を拡販するビジネスを続けられるだろうか。中国政府が、環境対応社会に向けて大きくベクトルを変えて、電気自動車の社会へ国民を誘導する可能性も少なくないのではないだろうか。既に中国では約2000万台の電気自転車(バイク)が使われている。

 昔も今も、乗用車はステータス・シンボルである。しかし時代の変化とともに、それは単なる足代わりになってきているし、将来は一つの家電製品と考える人が増えてくるだろう。広大な国土を持つ米国では「足」としての役割がいちばん大きかったが、ステータス・シンボルでもあった。しかし、車がステータス・シンボルの役割を減らしてきているようだ。先進国ほどこの流れが強い。日本でも、トヨタの「クラウン」からハイブリッド車「プリウス」へ乗り換えるといった流れが強くなってきている。

コメント5件コメント/レビュー

 宮田先生らしからぬ視野狭窄ですね。稼働率が低い自家用車は、そもそも「持たなければ良い」のです。同じく、貯められない電気は「止めればよい」のです。不要不急な電源から優先順位をつけてブレーカーを落としていく。これが日本以外の国のスマートグリッドの発想です。そこに電池の入る余地はほとんどありません。唯一の例外は、パソコンなど急に止まっては止まる機器に「個別に」装備するUPSだけです。(2010/11/26)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 宮田先生らしからぬ視野狭窄ですね。稼働率が低い自家用車は、そもそも「持たなければ良い」のです。同じく、貯められない電気は「止めればよい」のです。不要不急な電源から優先順位をつけてブレーカーを落としていく。これが日本以外の国のスマートグリッドの発想です。そこに電池の入る余地はほとんどありません。唯一の例外は、パソコンなど急に止まっては止まる機器に「個別に」装備するUPSだけです。(2010/11/26)

マンションとレンタカーで、実証実験できそうな気もします。屋上空いてるし。マンションベースの時間貸しのレンタカーもありますよね。マンションであれば、一度に、数十世帯が参加するわけですし。屋根面積は少ないでしょうが、いっそ、壁面にも電池を付けてしまって。オール電化や、ガス発電も混ぜ込んで。(2010/11/26)

今回のV2Hのストーリーには賛成しかねます。理由は至極単純です。もし私がこの季節、夕方、勤めから帰ってきたとします。車はEVです。家(オール電化)では夕食に向けて妻が煮炊きをしているし、子供たちを風呂に入れたら洗濯機(2回分のタイマーはセット出来ませんから)も回せば、テレビ・エアコンだって使いますが、同時にすぐさまEVの充電も始めることでしょう。よしんば、会社の駐車場でも充電できたとしても(電気代・充電施設設置コストのこともありそれも期待薄ですが)、家までヒータを焚きながら走ってきて容量が半減しているEVの電池を、家庭の電源に使うでしょうか。まずは家で使い、深夜に充電というプランもあるかもしれませんね。でも夕食後、孫の顔を見せに市内に住む祖父母を訪れるかもしれないとなれば、それも無理。このように、ロジカルに考えれば、計画的に充電と消費を割り振ることで経済的なやり繰りが可能でしょうが、そうはいかず、V2Hのために毎日を電池に縛られて生きたくはありません。また、いくらそれが社会全体から見て効率的でも、外出先でEV電池から供給するなど、もってのほか。街全体では、止まっているEVの電池容量は余っていても、EVの持ち主は、次にいつ、どこまで乗るかわからないその時に、容量が減っている可能性があるような使い方をしようと思いません。皆がEVに乗るようになったら、止まっているときは常に充電することはしてもEVから家に(社会に)給電して使おうとは思わないでしょう。「今後14時間は車を使わない。したがって就寝までは家に給電して電気代を稼ぎ、深夜になったら低料金で充電をして明朝には満電。例え予定外に子どもが熱を出しても、車は動かないがそれでもよし。」そんな毎日をみんなが送る事はないでしょう。私はV2Hは実現しないと思います。分散蓄電が実現するとしても、それはEVとは切り離した形でしょう。(2010/11/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長