• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

悔しい思い

環境ビジネスで繰り返すわけにはいかない

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2011年2月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 仕事の人生が闘いだったら、勝ちたいと思うのは当たり前だ。ぜひ成功して成果を誇りたいという気持ちは大切だ。もし成功しなかったら、勝てなかったら、もう一度挑戦したい。

 そして、そんな繰り返しの中で、たくさんの悔しい思いがあるのが普通だ。競争相手に負けたり。つまらないことでつまずいて、成果を得る一歩手前で止まってしまうこともあるだろう。

 しかし、いちばん悔しいのは、勝っているし、ほとんど世界一の成果を生み出すことに成功したのに、その活動を止めなければならなくなったときだ。私の仕事人生は、そんな「悔しい思い」の連続だった。

アメリカズカップへの挑戦を断念、スポンサーを得られず

 最も悔しかったのは、アメリカズカップへの挑戦を中断したときだった。2000年の7月19日、海の記念日の前日、代々木の岸記念体育館で、第31回アメリカズカップ大会への挑戦を休止する記者会見に臨んだ。ニッポンチャレンジチームのユニフォームのブレザーを着るのも最後の日となった。この姿で記者会見場へ向かう途中、悔しさがこみ上げてきて泣いてしまった。涙が止まらなかった。

 7年間必死にヨットの開発のプロジェクトを闘った。“ヨット貧国”の日本のチームを予選で2位にまで持っていったのは、明らかに私たち技術チームの成果だった。私たちの開発したヨットは、ほぼ世界最速だった。だから当然のように、次の大会に向けて、2000年5月から、新しい技術開発戦略を練り始めていた。

 新しい戦略の第1は、「サイエンティフィック・セーリング」だった。艇の設計だけではなく、セーリングそのものを科学とITを究めたものにする戦略だった。それを実現するための技術開発戦略会議を、横浜のベイサイドマリーナで月2回、開いた。

 ところが6月末、突然の休止が決まって、7月の記者会見になった。記者会見で、私はほとんど何もしゃべらなかった。今から思えば、「私は休止に反対です。新しい組織で再開しますから、ご支援お願いします」と言えばよかったと思う。

 その後も私は、ほかの仲間や協力者と別の道を探す活動、つまり新たなスポンサー探しの活動を10月まで続けた。だが、力が足りなかった。

 成功し、これから伸びようとする活動を休止させられるとき、「悔しい思い」が頂点に達する。

コメント7件コメント/レビュー

久し振りにコメントさせていただきます。今後の日本の製造業の進歩への糧として、造船工業会技術委員長が「おっしゃることは分かりますが、私たちには力がありませんから、このくらいでもうやめてください」と寄こした原因や背景は何なのかを解説いただければと。技術的リスクの負担の問題でしょうか? 開発費資金負担のリスクが負えない為なのでしょうか? 是非、日本の現状を知る事例として、御紹介下さい。(2011/02/25)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

久し振りにコメントさせていただきます。今後の日本の製造業の進歩への糧として、造船工業会技術委員長が「おっしゃることは分かりますが、私たちには力がありませんから、このくらいでもうやめてください」と寄こした原因や背景は何なのかを解説いただければと。技術的リスクの負担の問題でしょうか? 開発費資金負担のリスクが負えない為なのでしょうか? 是非、日本の現状を知る事例として、御紹介下さい。(2011/02/25)

どちらでもよい--という評価結果の多さに驚かされます(私が見た時点ですが)。人は多かれ少なかれ既得権益を保守する抵抗勢力だからこの結果なのか!と推測します。社会が安定すると、パッションなきリーダーやマネージャーが増えます。給料もいいし、人からちやほやされますから多くの人がエリート層に成りたいと思います。でも、あるべきリーダーには一身をなげうって公のために働く崇高さが実は不可欠です。たまたま裕福な家に生まれたので多少お勉強が出来て、自分の考えを持たずエリートになった人たちが私の身の回りでもなんと多いことか!こういった方々にパッションを望むのは無理です。悲観的な状況ながらも宮田先生の今後の活躍を期待します。(2011/02/25)

投資効果以上のニーズが存在しない物に投資する団体は、営利企業では無く、ボランティア団体です。世の中には、芝を刈る速度ではなく、移動速度を競う芝刈り機のスピード競技が有るそうですが、今回の宮田先生の主張は、「必ず売れるから世界一移動が早い芝刈り機を作りたかったのに、誰も投資してくれなかった。」とおっしゃっているのと同じだと思いました。これが悔しいのなら、エジソンなど過去の発明家兼企業家と同様に、ご自身で起業し、資金を集め、市場を形成し、ご自身の主張の正当性を証明する以外にはありません。しかし、歴史の証明する通り、殆どの方は破産し、既存市場支配者をを打破し成功した例はアップルなど非常に希です。企業経営者という名のマーケティングを極める人々も、伊達に将来市場需要を研究しているのではありませんから。ちなみに計画経済下での事業投資回収計画はもっとシビアですよ。(上海から)(2011/02/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長