• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東日本巨大地震が残した科学と技術の課題

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2011年3月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント10件コメント/レビュー

小生も20年位前に三陸海岸を車で南下したことがあったが先生の言われるように豊かな魚業資源と自然の中につつましく暮らす人々に日本の故郷を感じたものです。被災された方々に衷心からお悔みやお見舞いを申し上げます。さて、先生のコラムを拝読し2つの事を考えました。1つは自然と人間の関係です。人は自然を3人称の文脈で言語的に表現することを当り前であると思っていますがこれは、本質的な間違いはないか。人間との接点は数式的知見で表現出来るものに限られるのであってそれ以上は人間の思い込みに過ぎないと。2つ目は新たな海辺都市の再生は教訓を生かし私的所有を再構成し、世界からの人材を投入し取り組むべきではないか。被災地方自治体を連合し低利の復興公債を起債し広く国民からの拠出により復興資金が賄われるようにしたい。そして、未曾有の災害による負の資産を逆説的に転換し地方の時代の象徴的プロジェクトにしようではありませんか。(2011/03/20)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

小生も20年位前に三陸海岸を車で南下したことがあったが先生の言われるように豊かな魚業資源と自然の中につつましく暮らす人々に日本の故郷を感じたものです。被災された方々に衷心からお悔みやお見舞いを申し上げます。さて、先生のコラムを拝読し2つの事を考えました。1つは自然と人間の関係です。人は自然を3人称の文脈で言語的に表現することを当り前であると思っていますがこれは、本質的な間違いはないか。人間との接点は数式的知見で表現出来るものに限られるのであってそれ以上は人間の思い込みに過ぎないと。2つ目は新たな海辺都市の再生は教訓を生かし私的所有を再構成し、世界からの人材を投入し取り組むべきではないか。被災地方自治体を連合し低利の復興公債を起債し広く国民からの拠出により復興資金が賄われるようにしたい。そして、未曾有の災害による負の資産を逆説的に転換し地方の時代の象徴的プロジェクトにしようではありませんか。(2011/03/20)

太陽光発電とリチウム電池による組合せは、被災地域への緊急出力アップする場合、蓄電設備側がかなり容量がないと難しいと思います。また、各家庭に設置されいていた場合、今回の震災のように設置されていた設備が大量にに破損し、帰って電力供給を苦しくする原因となると思います。帰ってリスクを増大させるビジョンで賛成できません。(2011/03/20)

 まもなく復興プランが国を挙げて立てられるでしょう。同じ過ちを繰り返すことを避けるのは言うまでもなく、将来未来を見すえてのものになるはずです。その時に、筆者のような知恵と技術のある人たちがどれほど有用か。口先タレント的専門家(?)を茶の間のテレビ用にすえないで下さい。これからはそんなスポンサーには不買か無視で抗議します。(2011/03/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長