• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本の自彊不息力が弱まっていないか?

「自ら努め励んで休まない」ことの大切さ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2011年5月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私の研究室は、普通の大学の研究室、東大の他の研究室とは違うところがある。私の研究室は独立した建物の中にあるのだ。日本海軍の外郭団体である海防義会の寄付によって、1936年(昭和11年)に船型試験水槽が建設された。長さ86mのプールのような水槽で、精密な船の実験ができる。翌1937年にその実験施設に連結して建設したのが研究棟である。昭和10年代に建設された本郷構内のたくさんの建物と統一して設計されているので、ゴシック風の趣のある建物だ。

 このゴシック風の2階建研究棟の2階に学生がいて、私は1階にいる。私はこの1200平方メートルばかりの研究室を30年以上管理運営してきた。あまりに古い施設なので、大学が面倒を見てくれるのは建物の外装くらい。このため、この広い施設の管理運営を一研究室の予算で賄うのはけっこう大変なことだ。私がたくさんの産学連携プロジェクトをずっと行っている理由の一つはここにある。民間企業から継続的に寄付を頂いてこの施設を維持することが、東大のほかの教員にはない使命になっている。

 船型試験水槽の建設を主導したのは、当時の工学部長、平賀譲教授だった。海軍から来た人で、軍艦設計で有名な方だった。当時の工学部船舶工学科は海軍と密接につながっていた。学科の成績優秀なトップ5人は、3年生の時から海軍から奨学金をもらって学び、海軍技術将校への道を選んだ。戦艦大和に至るまで、日本の軍艦技術を支えていたのは彼らだった。

 アメリカズカップのプロジェクトを行った時も、ここが中心になった。船体形状の設計は、2階でコンピューター・シミュレーションを行い、1階で実験を行う。これを3年以上繰り返した。

近年まれな、真面目な学生たち

 今はここで環境プロジェクトと小売流通業のプロジェクトを行っている。ちょうど50%ずつくらいの力の入れようだ。

 研究棟の2階の入口に、6つのデスクを向かい合わせに置いている。2010年度は、そこに4年生が6人居た。このうち3人の研究テーマが環境プロジェクトに関連していて、残りの3人が小売流通業の進化プロジェクトに関連していた。

 最近の学生は大学に居ないことが多い。パソコンとネットワークがあるので、自宅でできることが多いからだ。ところが、この4年生6人は、毎日午後からだが、仲良くそろって研究していることが多かった。夕食も6人そろって食べに行くので、まだ時間に余裕のあるころは、私が食事に誘いたくなることもあった。

 つまりこの4年生6人はそろって、近年稀に見る真面目な学生だったのである。真面目に勉強を続ける、これは人が成長するための基本だと思う。大学も、職業も、年齢も、国も問わない。真面目に勉強を続ける人が成長し、企業を支え、国を支える。

自ら努め励んで休まない

 私が松山の実家で中高時代の学生生活を送っていた時、勉強机の上に徳富健次郎(蘆花)の扇面を表装した額があった。「自彊不息」と書かれている。為書があって、楠正雄君為とある。徳富蘆花が、明治大学の弁論部員だった私の母方の祖父のために書いたものである。祖父は社会人になって横浜正金銀行に勤務したのだが、この時は学生だったのだと思う。徳富蘆花は相手が学生だったから、こんな言葉を贈ったのだろう。

コメント0

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授