• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「中古住宅には暮らしを“編集する”楽しみがある」

ブルースタジオ専務取締役、クリエイティブディレクター 大島芳彦氏に聞く

  • 日経ビジネスオンライン編集部

バックナンバー

2011年6月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「中古住宅を購入し“リノベーション”によって新しいライフスタイル価値を生む」という住宅購入の新しいスタイルを提案し、その普及を牽引してきた建築設計事務所、ブルースタジオ。設立当時からの中心メンバーである大島芳彦氏に、現場から見たユーザーの価値観の変化、中古住宅やリノベーションの魅力を聞いた。

―― 中古住宅のリノベーション事業を10年以上続けてきて、ユーザーの意識や社会環境に変化を感じますか。

大島 この仕事を始めた2000年当時、築30年を超えるようなマンションを買って、さらに全面的に改装して住むことを選ぶ人は、かなりの“物好き”と見られていました。そもそも、中古住宅に対する社会の評価が低く、金融機関がなかなか融資してくれませんでしたし、大規模なリフォームに対応する住宅ローンもありませんでした。そのために、中古のリノベーションに魅力を感じても、実際に行える人は限られていたのです。

大島 芳彦(おおしま・よしひこ)氏
ブルースタジオ専務取締役、クリエイティブディレクター
1970年生まれ。93年武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。 米Souyhern California Institute of Architectureなどに学んだ後、97年より石本建築事務所。2000年に一級建築士事務所ブルースタジオ専務取締役就任。多くのリノベーション物件を手がけ、10年には木賃再生プロジェクト「大森ロッヂ」で「住まいの環境デザインアワード」奨励賞(写真:石原秀樹、以下同)

 しかし、ここ5~10年で環境は大きく変わりました。都市銀行も中古住宅に積極的に融資するようになり、購入費用とリノベーション費用を合わせて住宅ローンを組めるケースも多くなってきました。

―― その背景は。

大島 ひとつには、住宅ストックが膨大になって、いやおうなしに社会が中古住宅を受け入れざるを得ない状況があります。もうひとつは、ユーザー自身が中古住宅を評価するようになったことです。特に、住宅の一次取得層である20代後半から30代半ばの世代の価値観は大きく変わりました。彼らは新築にこだわりませんし、中古に対する抵抗感も持っていません。

 バブルが終わった後、2000年頃から社会に出たポスト団塊ジュニア以降の世代は、それ以前の世代に比べて資産に対する考え方がずいぶん違います。転職、キャリアアップが当たり前、収入も地価も上昇するとは限らないので、35年ものローンを組んで新築住宅を買うことは、自分の生活を縛るに等しいと考える。それよりも、利便性重視で、フットワーク軽く賃貸住宅や手ごろな中古住宅を住み替えることを望む。そんな人々が増えているんです。

―― そういう人たちは、どんな住宅を選んでいるのでしょう。

大島 ブルースタジオのお客さんの場合、約8割の方が住まいの総予算を4000万円前後としています。都心部の15~20坪ぐらいの中古マンションで、購入とリノベーション合わせて3000万円台。頭金が1000万円程度あり、共働きの夫婦であれば15年ぐらいで完済可能な金額です。

 都心立地で15~20坪なら、賃貸に出しても家賃15~20万円ぐらいですから借り手がつきやすく、流動性が高い。それを好みの空間にリノベーションして10年ぐらい楽しんで住んだら、売るか貸すかして住み替える。そんな戦略をとる人が増えています。持ち家にこだわるわけでも賃貸で妥協するわけでもない、いわば“流動資産派”です。

―― 中古を選ぶのは価格が安いからでしょうか。

大島 中古住宅の最大の魅力は“選択の自由”です。

 家づくりで一番大事なことは“どこに住むか”ではないでしょうか。例えば、新築マンションはデベロッパーが用地を仕入れたところにしか建ちませんから、当然選択肢は限られます。けれども、中古ならば都内には膨大な住宅ストックがある訳ですから、ある意味、どこにでも住める。都心の好立地では、新築マンションは途方もない値段がしますが、中古なら手が届くものが見つかる可能性があります。

コメント0

「震災後の新基準! 「中古住宅の選び方」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長