• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

信じられますか? 看護師や検査員がシステムを設計する病院

宮崎県都城市の宮田眼科病院

  • 谷島 宣之

バックナンバー

2011年6月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「この仕事の流れをこう変えれば、BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング)ができませんか」。

 現場の日常会話でBPRという言葉が出てくる組織はそう多くはないだろう。BPRという言葉があまり使われなくなったからだ。ただ、製造業の場合、BPRを「業務改革」あるいは「カイゼン」に入れ替えれば、同様の発言が飛び交っているに違いない。

 「BPRを考えて、新しい仕事の手順を整理し、新手順を処理する情報システムの操作画面とその遷移の仕方を決めました」。

 この発言は、業務を改革する案に加え、必要な情報システムまで自分で設計するという意味である。現場担当者がここまでやれる組織はまれであろう。「情報システムの設計や開発は本業ではない、専門家に任せるべきだ」としている組織が多いからだ。

 ところが、ここまでに引用した2つの発言が当たり前になっている組織が存在する。しかも、それは病院である。宮崎県都城市にある眼科大手、宮田眼科病院は、現場を支える看護師や検査担当者がBPRを常に考え、そのためのシステムを自力で設計している。

 実際のシステム開発(プログラムづくり)は、IT(情報技術)企業に委託するものの、出来上がってきたプログラムを検証するのは、設計を担当した看護師や検査員の役目である。納品されたプログラムを自分で操作し、設計通りになっているかどうか、確認していく。

「自分で使うものだ、と思ってやり抜きました」

 そんなことが本当に可能なのか。システムイニシアティブ研究会の会合に参加した際、宮田眼科病院の尾方美由紀検査センタ角膜ユニットユニットリーダにお目にかかることができた。この研究会が追求しているのは、情報システムを利用する人が主体となってシステムを準備する「ユーザー主体開発」のあり方である。

 「本当に設計しているのか」「どうしてそんなことをしているのか」と早速聞いてみたところ、尾方氏は淡々と、だが次のように答えてくれた。

 「つらい時もありましたが、このシステムは自分で使うものだ、と思うと、設計と検証の仕事をやり抜けました。妥協して使いにくいシステムが出来上がってしまったら悔しいですし、ほかの人に申し訳ないですから」。

 実際、尾方氏が所属する検査センタが使う、検査の情報システムは尾方氏が設計したものだ。尾方氏が検査業務をどのように改善すればよいかを考え、より効果的な検査の進め方を文書にまとめ、それを支える情報システムを設計し、出来上がったシステムを確認した。

 肩書きからお分かりのように、尾方氏の本業は眼の検査である。情報システムの専門家ではない。本業のかたわら、システムに関するこれだけの仕事をこなすとなると、「つらい時もありました」という過去形ではなく「いつもつらい」のではないかと思われるが、そんなことはないようで、紹介した発言からうかがえる通りのプロフェッショナル精神で乗り切っている。

 宮田眼科にあって、尾方氏は例外ではない。利用している情報システム群はすべて、現場の看護師や検査員、医事会計などの職員の手で設計され、検証されている。ユーザー主体開発を宮田眼科はまさに実践していることになる。

 現場の担当者に情報システムを設計させる活動は2001年9月に、「業務改革IT委員会」を設置した時から始まった。顧客(患者)満足度と再診率の向上を狙い、待ち時間を短縮するために予約システムを開発することになり、現場の看護師や検査員を業務改革IT委員に任命、設計を進めていった。予約システムは完成し、狙い通りの効果を上げた。

コメント4件コメント/レビュー

現場がシステム設計を行わなければならないのは当たり前の話だ。だが、その当たり前ができる組織が少ない。企業にしたところで経営陣が許さない。結果としてゴミのようなシステムを作り、ITは難しいとかいう結論になる。もう1つ、時間外にシステム設計をして成功したというのは、これは稀有な例のように思える。現場の意識の高さについて、リーダーにその資質があったのだろうか。少なくとも私の勤める製造業でこんなことをやったら死人が出る。11時12時まで業務をしていて追加でこれをやろうとしたら文字通りの不眠不休を数年間続ける必要があるからだ。そのモチベーションを維持するには類まれな組織が求められるだろう。(2011/07/03)

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

現場がシステム設計を行わなければならないのは当たり前の話だ。だが、その当たり前ができる組織が少ない。企業にしたところで経営陣が許さない。結果としてゴミのようなシステムを作り、ITは難しいとかいう結論になる。もう1つ、時間外にシステム設計をして成功したというのは、これは稀有な例のように思える。現場の意識の高さについて、リーダーにその資質があったのだろうか。少なくとも私の勤める製造業でこんなことをやったら死人が出る。11時12時まで業務をしていて追加でこれをやろうとしたら文字通りの不眠不休を数年間続ける必要があるからだ。そのモチベーションを維持するには類まれな組織が求められるだろう。(2011/07/03)

いい話です。私も医療機関に入ってるシステムを見て幻滅したので。別の記事にコメントした内容ですけど、ちょっと手直しして投稿します。<電子カルテですけど、奈良県医科大病院に通院時に現物見ましたが、あの手のシステムを作る者から見て落第判定しました。とにかくインターフェイス設計がダメ。あのシステムの設計者は紙のカルテがライバルであり、紙より生産性が高くないといけないという重要な点を理解してなかったようです。■とにかく電子カルテに記入するのに時間がかかる。マウス持って位置をポイントしてキーボードに持ち替えて入力してまたマウスに持ち替えて次の入力位置をポイントしてキーボードに持ち替えて入力して・・以下延々繰り返し。紙のカルテに書く方が何倍も早いです。時給の高い医師にこんなことさせたら医療費がムダに嵩んじゃうし、患者も待たされる時間が延びて不幸です。医師本来の仕事である診察以外の作業時間は0を目指して設計すべきなのに・・・■肝心のインターフェイスの設計がこれでは他の機能も出来は推して知れます。このIT業者の罪は重いです。(私自身は昔、工場向けに入力時間0秒の入力インターフェイスを開発したことがあるので、そういう目で見て余計に。この入力時間0秒にはユーザー工場さんの方が喜んじゃって、特許出願するとか言ってました。私の方は感謝状を貰って帰って自社内で大いに箔を付けました。)>「マウスとキーボードなんて普通だろ」とIT業界の人は思うでしょうが、紙のカルテを書く時間とストップウォッチで測り比べたら、そんな常識はゴミ箱に捨てるべきと思うでしょう。あ、そのシステムに苦労してるお医者さんには、業界人を代表して謝罪しておきました。(患者に謝られるお医者さん・・・w)(2011/06/30)

信じられますよ。コストが一番かかるシステム設計を「定時の夕方5時半にタイムカードを押し、仕事を終えてから、そのまま残り、システム設計に毎夜11時近くまで取り組んだ看護師」がやってるんですから。費用対効果はばつぐんでしょうね。ただ、実際にシステムを使わないSEが設計すると良かれと思ったことが裏目に出るんですよ。現場からの突き上げがきついです(;_;)(2011/06/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長