• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

21世紀の技術立国のため、基本プランを立てよ

中国に敗けないためには、正しい技術経営と技術開発が必要

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2011年7月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 学問の世界に入って35年目になるのに、海外留学や文科省の海外派遣の経験がないまま、もうすぐ定年になる。海外の大学の客員教授という名目で長期滞在するのは、サバディカルリーブと言って、日常から離れて新しい研究分野を拓くための再充電の時間を作ってくれる仕組みだ。世界中のどこでも一般的な仕組みなのだが、私は35年間、あまりに忙しくてこんな仕組みを利用することが許されなかった。

 だから定年直前にはイタリアやニュージーランドの大学に教えに行って少しのんびりしようと考えていた。しかし、これも全く実現しなかった。それどころか、海外出張はおろか国内出張もめったにできなくなってしまった。都内でもあまり出かけない。色々な打ち合わせは、ほとんどすべて私の部屋に来ていただいて行うようにしている。この2年間、たくさん訪れたのは沖縄だけだ。しかも最近は日帰りか1泊の旅が多い。

 こんなに出不精ではいけないと思って、3日間だけ中国出張に行った。午前中の講義を早めに切り上げて羽田へ向かい、北京空港に入った。北京の東250キロの唐山に行き、翌日、その南200キロの天津へ移動した。3日目に北京に戻って帰国するという強行軍だった。

 唐山の海側の曹妃甸という開発地域を見ることと、天津の南開大学を訪れることが目的だった。私は、あまり相談もされないままに、南開大学の客員教授になることになっていた。南開大学は日本ではあまり知られていないが中国の有力10大学の1つである。

中国は40年前の日本と同じ道を走っている

 曹妃甸のプロジェクトは唐山市の南東80キロに位置する湿地帯と海を埋め立てた広大な土地に工業地区と住宅地区を建設しようとするものだ。対象地域の面積は1900平方キロというから、沖縄本島より広い。港にある埠頭の長さをすべて足すと全部で70キロになる。毎年2000万個のコンテナを扱う世界最大級のハブ港でも埠頭の長さは12キロぐらいだから、この工業区の規模はとんでもなく大きい。

 現在、稼働しているのは北京から移された製鉄所と原油備蓄基地と発電所だけだ。私が訪れた時は、鉄鉱石を満載した14万トン型の鉱石運搬船と、原油を満載した30万トン型タンカーがちょうど入港するところだった。曹妃甸地域には油田もあり、かなりの資源を埋蔵しているようだ。だが、今のところ鉄鉱石と原油は輸入に頼り、内陸で生産した石炭を鉄道でここまで運んで輸出している。

 曹妃甸の工業地区の目標を一言で言えば、すべての製造業が集まる集積地を建設することである。パンフットを見ると、思いつく製造業のすべてが記載されている。完成予想図は、それぞれの産業を配置するエリアを示しているだけ。具体的な記述も絵もないのだが、すべての製造業を集め、世界最大規模の集積地を建設しようとしているように見える。

 同行した中国人の友人が、私に聞いた。
 「先生これ成功すると思います? よく分からないんですけど」

 私は成功するだろうと思う。なぜならば、国家の資金と、広大な土地と、大量の労働者があれば、20世紀型の製造業で優位に立つことは難しくないと思うからだ。40年前の日本と似ている。工業コンビナートを造り、高度成長時代の基礎を建設した。中国はそれを1けたか2けた上の規模で行おうとしている。

イノベーションを放棄した日本に勝ち目はない

 このままでは日本の製造業に勝ち目はないと思う。

 11年前、私は日本造船工業会が主催する造船技術戦略会議の議長を務めていた。1999年に韓国が建造量の世界シェアで日本を越え、中国の台頭も予測できる時期だった。造船各社の造船事業のトップに対して、様々な技術開発戦略、具体的には、韓中と差別化するための技術戦略を提案したのだが、結局何一つ実行されなかった。

コメント10件コメント/レビュー

宮田先生のおっしゃることは全ての技術は必ず「コモディティ化する」という事だと理解しました。中国は大陸です。万里の長城を築きながらも、それを越えてきた文化や発明品を取り込み、一緒に発展してきた国です。確かにまだ中国の新幹線は品質が悪いと思います。しかし、テレビもパソコンも、つい10年前まで「酷かった」ということを忘れてはいけないと思いました。(2011/07/07)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

宮田先生のおっしゃることは全ての技術は必ず「コモディティ化する」という事だと理解しました。中国は大陸です。万里の長城を築きながらも、それを越えてきた文化や発明品を取り込み、一緒に発展してきた国です。確かにまだ中国の新幹線は品質が悪いと思います。しかし、テレビもパソコンも、つい10年前まで「酷かった」ということを忘れてはいけないと思いました。(2011/07/07)

アラブ首長国連邦の1首長国が、うちは国策で半導体をやると言って大規模投資、そのための工業地帯をかまえて提携先企業を政府自ら探して交渉して誘致、○カ年計画で取り組む。こんな話を読んで日本でできるか考えた。できない。特定の業界/企業を指定→特定企業/業界への利益誘導は嫌われ、クレームと妨害の嵐。大規模投資→予算の取り合いで確保できない。そのための土地を用意→アクセス交通網含めた計画や予算が出ない、買収も遅れる、政治家の地元云々。計画実行できる強いリーダーか建設的な合議体制があるか→足の引っ張りあいで消される。きっと首長国は王制、中国は一党独裁だから簡単なのかもしれない。日本の55年体制で高度経済成長はできたがこれも結局不足だったのだろう。(2011/07/05)

この記事には共感しました。まさにその通り、中国(でさえできる)技術に頼った事業で生き残れるか、ということです。50年前日本産業産品は安かろう悪かろうと言われ、真似しかできない山猿と揶揄されていたことをご存じない方が増えてきているように思います。中国や韓国は今、日本がたどってきた道を10倍の速度で追ってきています。そのままでは追いつかれるのは当たり前。造船業界が、自ら将来を潰してきた歴史は日本産業の歴史になりつつあります。これは正に経営の問題。後ろ向き圧力団体の代表となり下がってしまった経団連とその配下の企業群に日本の未来を託すことなどできなません。市民社会が新しい経営者を育てるしかないと思います。今回の震災で明らかになったように、省エネルギー、長寿、安全、安心の社会へ向けた新しい企業像(新産業革命)が求められています。日本はその先頭に立つ使命を帯びていると思います。(愚痩子)(2011/07/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長