• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

万能「血液の種」を確保せよ

原発作業員の命の綱に背向ける原子力安全・保安院

2011年7月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回『原発作業員「幹細胞採取」なぜ実施されない』から読む)

 福島第一原発では、作業にあたる方々が、日本では、いや世界でも誰も経験したことのないほど危険な仕事に取り組んでくれている。

 彼らの作業なしには、日本の未来は完全に失われる。しかもこの現場では、大量の被曝が起こらないよう薄氷を踏む思いの日々が続いているが、その薄氷を踏み抜かないという保証はない。

虎の門病院(東京都港区)血液内科部長の谷口修一さん。いかつい印象だが、心優しき使命感あふれる医師だ

 だからこそ、作業を担当する方たちが、万が一の被曝事故に遭っても命を失わずに済むようにと、虎の門病院の谷口修一さん(血液内科部長)のチームは、福島第一原発の現場で奮戦を続けている東京電力や関連会社の作業員たちの「自己幹細胞の事前採取」を訴えてきた。だがそれは、今も実現していない。

 大量の放射線により被曝すると、細胞分裂が盛んな部分が大きなダメージを受ける。その放射線感受性が高い部分は、生殖器、腸、そして造血機能だ。「自己幹細胞採取」は、その造血機能の回復が目的だ。

 では、「自己幹細胞採取」とはどういうものなのか。

 それによって、万一の大量被曝があっても命を失わずにすむのか。

雑草を徹底して除去する焼畑と同じ

東京大学医科学研究所附属病院・腫瘍内科助教の湯地晃一郎さん
湯地晃一郎さんが所属する東京大学医科学研究所附属病院(東京都港区)

 1999年の東海村JCO臨界事故で被曝した作業員の治療チームに東京大学医学部附属病院で参加、2001~04年には虎の門病院で谷口チームの血液内科に所属していた東京大学医科学研究所附属病院・血液腫瘍内科助教の湯地晃一郎さんは、こう説明した。

 「幹細胞移植は、白血病や骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫などの治療で広く行われている治療法です。がん化した血液細胞やリンパ細胞を叩くためには抗がん剤を使いますが、耐性ができて効かなくなくなることが多い。そこで、抗がん剤の投与に加えて放射線を全身に照射し、がん化した血液細胞を徹底的に殺す治療法が行われていますが、その治療は幹細胞移植とセットで行うのです」

 すごい治療法だ。湯地さんは、「畑に増えた雑草を徹底して除去するための焼畑と同じです」と表現した。

 TBIと呼ぶ全身放射線照射治療の線量は、3~4日で12Gy(グレイ、ほぼシーベルトと同じ)におよぶ。7Gyの放射線を一時に浴びれば死亡率は100%なので、これは大変な被曝量だ。この放射線照射によって、血液中の白血球は健常なものも含めてすべて死滅する。

 血液中の白血球は、外から侵入してくる細菌やウイルス、真菌(かび)から体を守る役割を持つ(免疫)。その機能を失うため、空気中に普通にある細菌やウイルス、真菌に感染し、命が脅かされる。そこでこの治療は「無菌室」で行われる。

 がん化した血液細胞を「焼き尽くした」あと、健常な血液細胞を回復させるために行われるのが「幹細胞移植」だ。「幹細胞」、正確には「造血幹細胞」を体の外から点滴のように送り込む。では、「造血幹細胞」とは何か。

コメント7

「山根一眞のポスト3・11 日本の力」のバックナンバー

一覧

「万能「血液の種」を確保せよ」の著者

山根 一眞

山根 一眞(やまね・かずま)

ノンフィクション作家

ノンフィクション作家として先端科学技術分野の熱い人間像を描き続ける一方、3.11被災地支援活動も人生の大きな柱です。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員