• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

夏の甲子園、優勝の行方を握る意外な“一球”

センバツで見え始めた“質”の変化は本物か

  • トラ次郎,データスタジアム(監修)

バックナンバー

2011年8月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前半35分。相手からボールを奪ったミッドフィールダーの遠藤保仁が、中央に構えるワントップの李忠成へパス。李がヒールで流したボールを受けた香川真司が体を寄せてくる相手ディフェンダーを交わしながら、右足でシュートを放つ。相手キーパーの横を通り過ぎたボールは、韓国ゴールの左隅に吸い込まれていった──。

 同じ韓国代表と対戦した今年1月のアジアカップ準決勝で骨折した香川。長い間ピッチを離れていた日本の新星が、その借りを返すとばかりに鮮やかなゴールを決めた瞬間だった。

 後半に入っても、日本の攻勢は止まらない。後半8分には本田圭佑が2点目、そのわずか2分後の後半10分には再び香川が3点目を奪う。アジアのライバル、韓国に3-0の圧勝。想像を上回る好結果に、私をはじめ多くのサポーターが溜飲を下げたことだろう。

 この一戦は、9月2日から始まる2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会のアジア3次予選の目前に控えた日本代表の最後の強化試合。同予選で同じグループに入ったウズベキスタン、シリア、北朝鮮を相手にどのような戦術や選手構成で戦っていくのか。それを確認する重要な試合だった。

 昨日のこのコラムでは、具体的に3つのチェックポイントを示したが、それらのポイントについてどうだったのか。それは、データスタジアムさんのデータの解析が終わった後に詳しく取り上げよう。

 今日は、8月6日に開幕した夏の甲子園(第93回全国高校野球選手権大会)の観戦ポイントについて、会計士の本業で培ったデータオタク的な視点から掘り下げてみたい。

今春の選抜大会で見られた“異変”

 6日に始まった大会も今日で6日目。昨日の第1試合では、優秀候補の一角である日大三高(西東京)が日本文理(新潟)に14-3で圧勝。第2試合では開星(島根)のエース、白根尚貴が柳井学園(山口)の打線をわずか3安打に抑えて、5-0で完封勝利を飾った。2回戦の初戦となった第3試合では、1986年の選抜大会でベスト4に入り旋風を巻き起こした新湊(富山)が、龍谷大平安(京都)を4-1で下した。

 今日も好カード揃いだが、その中で最も注目されるのは、今春の選抜大会で準優勝した九州国際大付(福岡)と関西(岡山)の一戦だろう。優勝候補同士の対決──。ただし私が関心を寄せるのは、それだけが理由ではない。この両校には、今後の高校野球の「質」を大きく変えるかもしれない要素が詰まっている。このことが大きな理由だ。

 どういうことか。まずは次の表をご覧いただきたい。これは、春の選抜大会と夏の選手権大会において、1試合当たりの得点の平均を算出して比較したものだ。

<甲子園春夏;チーム1試合平均得点>
年度 センバツ 選手権
試合数 得点 平均得点 試合数 得点 平均得点
2008 72 205 2.85 108 537 4.97
2009 62 217 3.50 96 436 4.54
2010 62 256 4.13 96 473 4.93
2011 62 267 4.31 - - -

 春の選抜大会において、1試合当たりの得点が年を追うごとに増えているのが見て取れるだろう。今春の大会では4.31と夏の選手権大会とそん色のないところまで来ている。

 従来は「春は投高打低」、「夏は打高投低」と言われてきた。雪が降る地方の出場校ではグラウンドが使えず打ち込みが不足することなどから、打撃力が高まらない。だから、春の選抜大会では投手に有利となる。

 これに対して、夏の選手権大会では、春から夏にかけての打ち込みで打撃力が上向くことに加えて、夏場の暑さが投手の疲労を早める。だから、打高投低になりやすい。

 ところが、データにも表れているように、こうした今までの常識が通用しなくなってきているのだ。

コメント0

「会計士・トラ次郎のスポーツ分析学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO