このコラムについて
ソーシャルメディア炎上事件簿

ビジネスパーソンがソーシャルメディアで不用意な投稿をしてはネットで炎上し、所属する会社が謝罪するケースが後を絶たない。同僚と飲みに行くのは会社の近くを避ける。そんな慎重な人でさえ、ツイッターなどソーシャルメディアでついうっかり。匿名だから大丈夫というのは大きな勘違いである。問題投稿からプチ炎上、大炎上に至るパターンを、具体的な企業名を明記しつつ掲載する。また、炎上回避の方法、あるいは正しい消火法なども紹介していく。

著者プロフィール

小林 直樹

小林 直樹

日経デジタルマーケティング記者

2007年「日経デジタルマーケティング」の創刊に参画。現在同誌記者。1999年の東芝ビデオクレーマー事件の取材をきっかけに、ネット“炎上”案件の取材、執筆、講演がライフワークになっている。

記事一覧

アクセスランキング

閉じる