• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「本命不在」の夏の甲子園を制した“大本命”

震災の年に繰り広げられた熱戦を振り返る(前編)

  • トラ次郎,データスタジアム(監修)

バックナンバー

2011年9月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 試合終了のホイッスルが鳴った時、試合会場やテレビの前で観戦していたサポーターたちの胸に去来したのは、安堵か、それともいら立ちか──。

 9月6日の深夜に行われた2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会・アジア3次予選の第2戦。敵地でウズベキスタン代表と対戦した日本代表は前半8分、相手に先制ゴールを許す。その後も相手の鋭いカウンター攻撃に遭い、前半は防戦一方だった。

 重たい空気が立ち込める中、後半開始と同時に日本代表は、期待の新鋭フォワード、清武弘嗣を投入。トップ下の位置に入っていた長谷部誠をボランチの位置に下げ、左サイドのウイングでプレーしていた香川真司をトップ下に。ここからようやく攻撃のリズムが出始めた。

ダイビングヘッドで同点ゴールを決めた岡崎慎司選手

 そして迎えた後半20分。オーバーラップした右サイドバックの内田篤人が上げたクロスを、フォワードの岡崎慎司がダイビングヘッド。起死回生の同点ゴールを決めた。

 結局、試合は1―1のまま終了。日本代表は引き分けによる勝ち点1を得た。後半ロスタイムの終了間際にディフェンダーの吉田麻也がヘディングシュートを決めて辛くも勝利を収めた2日の北朝鮮戦に続いて苦戦した日本代表。

 アジアカップ王者らしいプレーを見せることができなかったのはなぜか。この北朝鮮戦とウズベキスタン戦での日本代表の戦いぶりについては、データスタジアムさんがデータの解析を終えた後に改めて詳しく取り上げたい。

 今回は、日大三高(西東京)の優勝で幕を閉じた夏の甲子園(第93回全国高校野球選手権大会)について、同大会の主催者である朝日新聞社さんとの共同事業下でデータスタジアムが作成した「一球速報」のデータを通して振り返る。

接戦が多く意外に盛り上がった今大会の印象

 昨年に春夏連覇を達成した興南(沖縄)のような“本命”が不在だった今大会。東日本大震災が起きた年の大会であることから、今春の選抜大会(センバツ)と同様に大会の直前や序盤は、聖光学院(福島)、古川工(宮城)、花巻東(岩手)など津波の被害が著しかった東北地方の代表校が注目された。

 さらにセンバツの準優勝校で今大会も優勝候補の一角と目されていた九州国際大付(福岡)が、延長戦の末に関西(岡山)に敗れて1回戦で姿を消すという波乱もあった。そんなこんなで「いまひとつ盛り上がりに欠けるかな」と思いきや、さにあらず。振り返ると今大会は例年に比べても非常に面白い試合が多かったと思う。

 こうした印象を持ったのは私だけではなかったようだ。お盆前後の夏季休暇を終えて出社してきた同僚たちと話を交わすと、彼らも意外に甲子園をテレビで観戦しており、「見ていて楽しかった」と口々に語っていた。

 1点差で勝負のついたゲームが16試合もあり、延長戦も大会最多タイの8試合に上った。手に汗を握る接戦が多かったことに加えて、本命不在でどこが勝つのか分からないというサスペンス小説のような面白さもあったのかもしれない。

 ところが、そんな大会を制したのは、延長戦とも1点差ゲームとも無縁だった日大三高であった。

コメント1件コメント/レビュー

結果が判ってから分析することに何の意味があるのでしょう。来年の全国高校野球の時に分析結果を「検証」するというのであれば、今分析する意味はないのでは。むしろ、昨年の結果から、今年の優勝校を分析・予想するのならばもっと興味を持って読まれるのではないでしょうか。つまらなかった。(2011/09/08)

「会計士・トラ次郎のスポーツ分析学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

結果が判ってから分析することに何の意味があるのでしょう。来年の全国高校野球の時に分析結果を「検証」するというのであれば、今分析する意味はないのでは。むしろ、昨年の結果から、今年の優勝校を分析・予想するのならばもっと興味を持って読まれるのではないでしょうか。つまらなかった。(2011/09/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員