• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第4回 開発者を巻き込み進化するザッカーバーグと巨大インフラ

  • 中川ヒロミ

バックナンバー

2011年9月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

世界で8億人のユーザーを抱えるフェイスブックが9月22日、新機能を発表した。フェイスブックの誕生から成功までを追った10万部超のベストセラー『フェイスブック 若き天才の野望』の担当編集者が、新機能の位置づけを紹介する。

 27歳の若きフェイスブックのCEO、マーク・ザッカーバーグは同社の開発者イベント「f8」に詰めかけた開発者を前に、基調講演で誇らしげに話した(写真1)。

「ソーシャルネットワークはこの5年で、世界中の何億人もの人々が毎日使う便利なツールになった。先週、フェイスブックの1日の利用者数が初めて5億人を超えた。さらに毎日多くの人が登録している」

 さらに、フェイスブックの登録ユーザー数は8億人を超えたことも明らかにした。グーグルが開始したソーシャルネットワーク「Google+」は3カ月弱で5000万人を突破して追い上げているものの、先行するフェイスブックの勢いはまだまだ止まらない。

 そしてフェイスブックは今回、今後5年間に向けた重要な機能として、2つの新機能を発表した。それが、「タイムライン」と「リアルタイムフィード」だ。

過去の思い出をスクラップしていく「タイムライン」

 タイムラインは、各ユーザーのプロフィールを紹介する新しいページだ(写真2)。フェイスブックのユーザーがこれまでに投稿した文章、写真などをスクラップブックまたは履歴書のような体裁で表示する。タイムラインはユーザーインタフェースが素晴らしく、ひと目で「この人は何者か」がわかるページとして作り込まれている。

 フェイスブックにとって、プロフィールは非常に重要な役割を持つ。そもそもフェイスブックは、ハーバード大学生のオンライン名簿の代わりに登場したサービス。『フェイスブック 若き天才の野望』によると、当初のフェイスブックは写真と簡単な自己紹介を入れれば登録でき、独身か既婚か、交際相手がいるかなどの交友関係、連絡先、受講している講義、好きな映画、音楽、本などの情報があったくらいだという。その後、友達が今何をしているかを表示する「ニュースフィード」機能を導入したり、「いいね」ボタンを追加して友達の嗜好を知ることができるようにしたりするなど数々の機能を追加してきたが、プロフィールページはそれほど大きく刷新してこなかった。今回フェイスブックは、同社のサービスの中核部分に大きく手を入れたわけだ。

 ほかにも、タイムラインは大きな意味を持っている。それは、フェイスブックが「過去」を充実させる初めての機能であることだ。フェイスブックへの投稿を続けるうちに、ユーザーは無意識ながらも自分の履歴を蓄積していく。あの時に何を食べ、誰と過ごし、何をしてというように思い出が積み重なって行く。しかしこれまでは、その思い出はフェイスブックの中にデータとして存在していたが、ユーザーからは見えにくく、本人でさえも忘れていた。この思い出をタイムラインが、本人にも第三者にも、ひと目でわかるように時系列できれいに見せるのだ。

 ソーシャルネットワークは、その場に友達が多くいればいるほど、思い出があるほど、別のサービスに移りにくくなるものだ。フェイスブックは「タイムライン」によって、さらにその地位を揺るがないものにしたのではないだろうか。

コメント0

「天才 「フェイスブック」の読み方」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長