• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本の風力発電、浮かせた方がいい

産業育成や雇用創出のため「次世代型開発」に走れ

  • 日経BPクリーンテック研究所

バックナンバー

2011年10月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 都市の利便性を高める「スマートシティ化」という世界の流れを、日本はどのようにつかむべきか。3000兆円を超える市場に、どのように取り組むべきか――。こうした疑問を解消していくためには、世界の知見を集結する必要がある。

 この目的で産業界が国際会議&展示会「Smart City Week 2011」を立ち上げた。

 開催に先行して、スマートシティの世界動向をまとめていく。第3回は、日本の電力立て直しと世界のスマートシティ建設でカギを握る次世代型再生可能エネルギーの開発に焦点を当てる。

 再生可能エネルギー特別措置法が成立した。欧州などで再エネが爆発的に普及する原動力となった全量固定価格買い取り制度(フィード・イン・タリフ)の日本版が2012年7月から始まる。太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス(生物資源)の5つの再エネで発電した電力を電力会社に割高な価格で一定期間買い取らせることで、再エネ発電への投資を活発化させるのがこの制度の目的だ。

 原発事故後、再エネに対する期待は一気に膨らんだ。再エネ参入を表明した孫正義・ソフトバンク社長や大量の太陽光パネル設置を公約に掲げて当選した黒岩祐治・神奈川県知事の登場は象徴的な出来事だろう。

 10月、経済産業省でエネルギー政策の骨格であるエネルギー基本計画の見直しを議論する審議会(総合資源エネルギー調査会基本問題委員会)が立ち上がった。25人のメンバーの中には、飯田哲也・環境エネルギー政策研究所所長や、植田和弘・京都大学大学院教授など多くの再エネ支持派が名を連ねる。原発比率などの問題と合わせて、中長期のエネルギー政策の中で再エネの位置づけが一段と高まることは十分予想される。

 一方で、火力や原子力に比べて「再エネは力不足」とする指摘も的を射ている。発電コストは割高で、太陽光や風力は気象条件などに左右され、大量設置に必要な敷地確保の問題もある。今すぐ、電力の主役になるのは難しい。まずは現行の技術を普及させつつも、将来の主力への昇格を目指して、発電の効率や安定性を高め、大量のエネルギー創出を可能にする技術革新がどうしても必要だ。

影薄い日本の再エネ産業

 技術革新へのチャレンジが必要な理由はもう1つある。

 経済産業省の「新たなエネルギー産業研究会」は9月、新エネルギー産業の展望に関する中間報告をとりまとめた。この中で、新エネルギー関連産業(太陽光、風力、太陽熱、燃料電池、蓄電池、省エネ住宅・建築物など)の世界市場規模は、2010年の30兆3000億円から2020年には86兆円と、10年で2.8倍に拡大すると試算している。

 途上国を中心に同じ10年で123兆円から151兆円に伸びる世界の自動車市場と比べても拡大の勢いは圧倒的だ。市場規模も自動車の半分を超えるとなると、これは立派な産業の柱と言える。

 だが、報告には気になる指摘もある。日本企業の存在感の希薄化だ。

 かつて50%以上を誇った太陽電池の世界生産シェアは下がり続け、2010年は11.8%にまで落ちた(世界上位25企業のシェア比較)。逆に中国企業は32.1%に高まっている。日本企業が強いはずの国内住宅用でも、2008年までほとんどなかった海外メーカー製が2010年には15.5%を占めるようになった。

 風力発電も同様だ。2010年の世界の風力発電機シェアは、三菱重工業や富士重工業などを合わせた日本企業は2%にすぎない。国内市場に限っても三菱重工が14%で、日本企業は全体で21%にとどまる(2008年)。国内でも米GE(19%)やデンマーク・ベスタス(19%)、ドイツ・エネルコン(12%)などの存在が大きい。

コメント7件コメント/レビュー

、現在世界各国は、ウラン固形燃料原発であるが、安全性高く、経済性にも秀でているトリウム溶液塩原発が取って代わる趨勢にある。 アメリカ、中国、インド、ノールエイなどでは、代替え原発として実用化に向けて研究がすすんでいると言う。                「古川和男博士の著書参照」 自然エネルギーばかりに拘っていてはいけない。(2011/10/05)

オススメ情報

「新スマートシティ宣言」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

、現在世界各国は、ウラン固形燃料原発であるが、安全性高く、経済性にも秀でているトリウム溶液塩原発が取って代わる趨勢にある。 アメリカ、中国、インド、ノールエイなどでは、代替え原発として実用化に向けて研究がすすんでいると言う。                「古川和男博士の著書参照」 自然エネルギーばかりに拘っていてはいけない。(2011/10/05)

「ウラン固形燃料による原発」が人力ではコントロールできない代物である事が公知に事実となったつたのに伴い、俄かに自然エネルギー(水力、太陽光・風力・地熱・バイオマス・波力等)への転換論議が花盛りである。 しかし、古川和男博士の著書などで明らかとなった「トリウム溶融塩原発」が、1969年(福島第1原発所が営業運転開始前)アメリカのオークリッチ研究所で実証試験が無事故で成功し、「放射能汚染が無く」、「核廃棄物が生じずその処理不要」、「メルトダウンの心配が無い」など、安全性が高いうえ経済性に優れている事実が実証されていた。 にも拘らず今日まで我々庶民には、何も知らされておらず、現在もこの事を政治も総てのメディアも誰も口を閉ざし語らない。 今こそ、この真実を国民の前に明らかにすべきです。 また、このトリウム原発を自然エネルギー源論議に加えて取り上げる価値があり、国民の選択肢の1つに加えるべきです。(2011/10/05)

久々にタイムリーに読んだので、まだコメントに無い点を指摘する▼風力発電は気流のエネルギーを奪い、海流発電は海流のエネルギーを奪う。いずれも、一定量を超えれば気候変動は避けられない。それが吉と出るか凶と出るかは、フロンや酸性雨の例と同じく、変動してからでなければわからない点は注意すべきだろう▼宇宙太陽光発電は、MHIだったと思うが、既に真剣に取り組んでいる。コメントへに対し、宇宙太陽光は大気の遮蔽を飛び越えるだけで、地球が受け取る総エネルギー量としてはさして変化しない。問題は、成層圏以上で太陽光のエネルギーを吸収することで起きている大気の反応が縮減すること。どのの減退で気候変動が致命的になるかは、やってみないとわからない。いずれにせよ再生可能エネルギーの殆どが、実は規模が過大になれば再生不可能になる▼浮体風力で考えておくべきは、台風の問題だ。係留索が破損した場合、航行中の船舶にとって、そして当然ながら海洋生物にとって極めて危険な廃棄物となる。再生可能エネルギー技術の伸展は日本にとって必要なことだと考えているが、個人的には、今の時流は環境保護の名を借りた環境破壊になりかねないと危惧している。(2011/10/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

今や中国は、米国よりも世界的な経済力がある。

イアン・ブレマー 国際政治学者