• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“ハルシオン飲み会”の後始末

日本新薬、お詫び文の読後感が悪いわけ

2011年10月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経デジタルマーケティングは、『ソーシャルメディア炎上事件簿』(同誌記者・小林直樹著)をまとめた。このコラムでは、その関連記事を紹介していく。

 第4回は日本新薬の“ハルシオン飲み会”事件。一般消費者と直接接することのないBtoB(企業間)系企業も“炎上”とは無縁ではいられない。医薬品メーカーの社員が、飲み会で睡眠導入剤を酒に入れたエピソードを投稿し、大炎上に。会社としての対応は早かったものの、言い訳ばかりのお詫び文は不評を買った。

 ネット炎上事件が起こるリスクは、業種によって、また企業の知名度によって差がある。誰もが社名を知っている大企業、有名商品の製造販売元でコトが起これば、無名の会社で同様のことが起こった場合より話題になりやすく、その分叩かれやすい(関連記事)。

 また、ソーシャルメディア利用率が高い学生アルバイトや若手社員を多く抱え、店舗で直接、顧客と接する、例えば飲食業、小売店舗などもリスクが高い業態と言えよう。

 特に展示会イベントなどに出展するため、出展ブースで対応する短期アルバイトを雇う場合は、従業員教育を十分にする余裕がないだけにトラブルを起こしやすい。例えばコスプレイベントなどで来場客のことを、ブログで「きんもーー☆」と揶揄したアルバイトスタッフがネット上で集中砲火を浴びるようなケースが、ツイッター普及以前からたびたび起きていた。

 百聞は一見にしかず。ツイッターで「客 むかつく」「客 ムカつく」「客 イラつく」などのキーワードで検索してみてほしい。店員のイラだち、愚痴が頻繁に書き込まれている。

 もちろん、中には横柄な態度の客もいるだろう。しかし、「匿名なのでバレない」と思い込んで陰口を書き綴ってそれがエスカレートすると、しっぺ返しを食らうのは自分であり、所属する会社である。過去の“つぶやき”や、よく対話する相手が公開しているプロフィル情報、登録されているリスト名、同じアカウント名で実名登録している他のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などから、投稿者の所属先は案外たやすく判明するものだ。そして匿名従業員の放言・暴言が、企業の炎上事件へと発展してしまう。

 では、一般消費者と店頭などで直接接することがないBtoB(企業間)ビジネスを手がける企業で、組織人としての自覚もあるはずの正社員なら比較的安心か…。そうとも言えない事件が起きてしまった。

医薬品従事者が薬物乱用まがいの悪ふざけ

 「うちの社員、仲良い薬局からハルシオンの後発まとめ買いして飲み会の時に酒に入れたりしてるしな。危険過ぎ。」

…こんな投稿をして、会社の同僚と思われるアカウントから、その目的を問われると、

 「飲み会(泊まり)での悪戯です(笑)てか一歩間違えたらスーフリ並の犯罪なのに... さすがに女子には飲ませてませんでしたが、飲まされてた上司は超しんでましたよ。」

…これに先のアカウントが不快感を示すと、

 「いや、悪ノリすぎですよね。すみません。K課長とかも一緒になってやってたし。Twitterで公表することでも無いので早めに削除します。」

 ツイッターで無防備にもこんな投稿をしたアカウントの主は、プロフィル欄に実名とともに、「26歳女子。某製薬会社の医薬情報担当者」、そして居住地に多摩方面の地名を記していた。ネット利用者が、この実名を基にフェイスブックで検索すると、該当するアカウントのプロフィルには、勤務先として日本新薬、居住地にツイッターのプロフィルと同じ多摩方面の地名、そして誕生日や出身大学の卒業年次から、「26歳女子」と一致し、本人があっという間に特定された。

コメント3件コメント/レビュー

この手のリスクを根絶するなら社員のプライベートをぎちぎちに管理するしかないわけで・・・。こうやって炎上させている人はその炎が自分の背後に回って私生活監視になるのを自覚していないのでしょうか? まあ、していないんでしょうね。(2011/10/21)

「ソーシャルメディア炎上事件簿」のバックナンバー

一覧

「“ハルシオン飲み会”の後始末」の著者

小林 直樹

小林 直樹(こばやし・なおき)

日経デジタルマーケティング記者

2007年「日経デジタルマーケティング」の創刊に参画。現在同誌記者。1999年の東芝ビデオクレーマー事件の取材をきっかけに、ネット“炎上”案件の取材、執筆、講演がライフワークになっている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この手のリスクを根絶するなら社員のプライベートをぎちぎちに管理するしかないわけで・・・。こうやって炎上させている人はその炎が自分の背後に回って私生活監視になるのを自覚していないのでしょうか? まあ、していないんでしょうね。(2011/10/21)

日本新薬のサイトを見ましたが、該当の「お知らせ」が見つかりませんでした。削除されてしまったのでしょうか。もし削除されたのだとしたら、いま、「お知らせ」自体が削除されたことに気づくのは、記事の読者が多いでしょうけども、私も含め、そのような人たちがどのように感じるのか…(2011/10/20)

『ここまで読後感の悪いコラムにはそうそうお目にかかれるものではない。その点で貴重な反面教師』…に全然なっていないコラムだ。偉そうに上から目線で書く資格があるのか?▼B2Bの会社に一般市民向けの広報部隊があるとでも?…どんな余裕のある会社だか。プレスリリースの『【共用】が悪い』といいところに目を付けているのにもかかわらず、実態を知らないで書いている上から目線記事故に、折角の良視点が台無しになっているいい例だ。▼B2Bの会社でも一般市民向けの広報戦略が必要なのはCSRの観点からも当然。しかし一方で一般向けの広報とお役所向けの広報は同一部署が担っており、業務比重が後者に重きを置いていることも、B2Bならでは。その場合での結論が、『想定されるリスクに対応したお詫び文を平時に用意して、それが第三者目線でどう映るか、確認しておきたいものである』と。言うは易し、行うは難し。こんなこと書いてるから上から目線といわれるのだ。▼社員の個人的な行動による不祥事⇒雇用主企業の監督不行き届きというのは想定されるリスクか否か?B2Cならわかる。しかしB2B企業でも通常想定しておくべきリスクなのか?仮にそうだとするなら、B2B企業でも起きたこと(不祥事)という一例を挙げただけで結論付けるのは甚だ弱い。B2B企業でSNS利用率が高い従業員をどの程度抱えているか、そして、SNS利用率と不祥事の発生率を関連付けた上でなければ、通常想定しておくべきリスクかどうかは判別できない。▼そういう関連付けこそがマスコミの仕事ではないのか?それもせずにわずかに一例をもって通常想定しておくべきリスクであるとは片腹痛い。そのリスクに対応することでのコストアップがB2Bだけで吸収しきれるとでも言うのか?折角良いネタを扱っているのにもかかわらず、このコラムは読後感が悪すぎる。(2011/10/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長