• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

何も手をつけなければITコストは下がらない

進化するクラウドが解決策を提示する

  • 沼畑 幸二

バックナンバー

2011年12月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 本シリーズではこれまで、クラウドがもたらす様々なメリット、クラウドを活用したビジネス変革について述べてきた。コストダウンだけでなく、経営の柔軟性やスピード、新規事業の創出といった観点でもクラウドへの期待は高まっている。

 今回は全く別の観点でクラウドの可能性を考えてみたい。それは、既存システムの最適化を進める際のクラウド活用法である。これまであまり議論されていないことだが、非常に重要なポイントである。なお、今回は内容的にテクニカルな要素が多いことから、IT従事者ではない読者の方にできる限り分かりやすいよう注釈をつけて解説する。

「そのまま使うだけ」に、なぜ多大なコストが?

 企業内には会計システムや生産管理システム、販売管理システム、経費清算システム、社外向けWebサイトなど数多くのアプリケーションが存在する。大企業であれば、グループ会社も合わせると数百種のアプリケーションを動かしているというケースも珍しくない。場合によっては、数十年前にメインフレーム上に構築した基幹システム(グラフィカルではなく文字ベースの画面からデータを入力、帳票で処理結果を確認するイメージ)を今も使い続けている企業も多く存在する。

 1990年代以降には、オープンシステム(パソコン上のグラフィカル画面からシステムを利用する)が主流になり、拠点や事業部ごとでのIT活用が一斉に広まり、また分散化が進んだ。そして2000年頃になると、今のWebベースのシステム(ブラウザーからシステムを利用する)が多く開発され、利用されるようになった。こうした歴史の中で、新旧の多種多様なアプリケーションを保守・運用するIT部門の負荷は高まる一方であり、実際に、多くの人員がアプリケーション保守に時間を割いているのが実態である。

 しばしば指摘されることだが、企業のIT投資は「7対3」と言われる。既存システムの運用に費やされるコストが7、新規システム開発への投資が3。新たに導入されたシステムは、その瞬間に既存資産として運用の対象となる。古いものを捨てて整理しなければ、運用コストはシステムが増えた分だけ、年を追うごとに肥大化していく。企業によっては、運用コストが8割またはそれ以上を占めている場合もある。このような状況が、新規のIT投資を圧迫している。

ハードを入れ替えるとソフトまで…

 長く使い、何もしなければお金はかからないはずなのに、なぜ運用コストが高止まりするのだろうか。その中身を見てみると、そこには経営者としては納得しがたいものもある。

 例えば、ハードウエアは多くの場合、5年程度で更改の時期を迎える。ベンダーから保守切れで修理部品もなくなると言われれば、新機種に切り替えざるを得ない。新しいハードウエアを利用するにはそれに適合した新しいソフトウエアが必要となる。すると、その上で動いている複数のソフトウエアもバージョンアップをしなくてはならない。

 さらにアプリケーションの機能は何も変わっていなくとも、ハードウエアやソフトウエアが変更されたことで正しくアプリケーションが動作するかどうか、ユーザー部門を巻き込んで手間のかかるテストを行わなければならない。つまり今までのシステムは、古いハードウエアをやむを得ず入れ替えると、様々なソフトウエアの更新が必要となり、多大なコストがかかる仕組みになっている。

 システムの機能を拡張し、新しい価値を見いだせるのであれば、こうした投資も納得できるかもしれない。しかし、これまでのアプリケーションをそのまま使い続けるだけでも、ハードウエアやソフトウエアの入れ替えを迫られる。「ベンダーの都合ではないか」、経営者がそう思うのも無理はない。

 こうした課題を解決する上で、クラウドは有効な選択肢となり得るだろうか。その可能性が見え始めている。言うまでもなく、その背景には急速な技術の進化がある。

コメント0

「クラウドの本質」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック