• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「戦う気持ち」が進歩と喜びをもたらす

ドラマ「坂の上の雲」を見て感じたこと

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2012年1月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 年末にNHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」を見た。歴史をかなり忠実に再現したドラマにしていたので、興味深かったし、考えさせられることが多かった。

 私は主人公の3人――秋山好古、同真之、正岡子規――と同じ伊予松山の出身であるだけでなく、日本海軍の技術将校を輩出した東京大学の船舶工学科を卒業し、長らくここで教べんを執ってきた。教育と研究の対象は軍艦ではないが、大型実験設備である「船型試験水槽」は1936~37年に日本海軍が東京大学に寄贈したものだ。私はこの施設を35年間、管理運営し、今もこの一画にオフィスを構えている。

 もちろん明治時代に活躍した方々との接点はない。だが、間接的なものなら少しだけある。

明治の偉人たちとのかすかなつながり

 私の生家は秋山兄弟の生家から北へ500メートル行ったところにある。松山城の北東のふもとで、江戸時代の名残の町名が――鉄砲町、矢はぎ町、弓の町など――残っていた。つまり江戸時代は武器職人の街だったのだ。私の祖先は松山の南の大洲藩の下級武士で、明治になってから松山へ移住してきた。

 昭和20~30年代の地方都市松山では、コミュニティーが豊かな人間関係を育んでいた。

 私の家から30メートルほど離れたところに「虎尾のバアチャンの家」というのがあった。貧しい家なのだが、近所の皆に好かれていた。「虎尾のバアチャン」の孫娘たちも優しい良い人だった。幼稚園から小学校前半のころ、私は「虎尾のバアチャンの家」へよく遊びに行っていた。ご飯は麦飯だったが、おいしかったのを覚えている。この「虎尾のバアチャン」のご主人は日露戦争で戦死したのだそうだ。

 私の父は秋山好古を何度も見かけている。晩年の秋山好古が校長になった北予中学校は父の通う清水小学校の隣だったからだ。秋山校長は毎朝中学校の校門に立ち、登校してくる生徒たちに「おはよう」と言っていたそうだ。

 こんなに小さなことだが、それでも明治の歴史とかすかなつながりを持つ私たちは、日本の将来のために何かをしなければならないのではないか。「坂の上の雲」を見てそう思った。

日露戦争も戦後の復興も「戦う気持ち」で乗り切った

 45年間にわたった明治時代は、日本の歴史の中で最も特異な時代として記憶されるだろう。国民全員が力を合わせて戦った時代だったからだ。国のリーダーは最大限の背伸びをしてリーダーシップを発揮し、庶民は貧しさと闘いながら、世界と闘う日本を支えた。

 日本海海戦は、こんな一方的な勝利をもたらした海戦は世界の歴史上ないとされる。それも、欧米を模倣してつくった日本海軍――欧州の先進国から技術と軍艦そのものを輸入して急速につくり上げた――が、世界が驚く成果を上げたのだ。この成果の根底にあったのは司令官、将校、兵士のすべてに共通する「戦う気持ち」ではなかったかと思う。

コメント5件コメント/レビュー

精神論的にはおっしゃるとおりですが、昨今は目標が不明確である。即ち多様性がますます広がっている。一方マスプロダクションの世界で育った世代はやはりあくまでも成功にこだわり世界をリードすることや東北地方での復興のための話がでてくる。又仕組みをかえていかないと日本は復興はないと。果たしてそうなんだろうか???もっと生きていくのには違うのではないか???東京にいる人間が地方の気持ちをどうやってかんがえられるのだろうか???(2012/01/13)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

精神論的にはおっしゃるとおりですが、昨今は目標が不明確である。即ち多様性がますます広がっている。一方マスプロダクションの世界で育った世代はやはりあくまでも成功にこだわり世界をリードすることや東北地方での復興のための話がでてくる。又仕組みをかえていかないと日本は復興はないと。果たしてそうなんだろうか???もっと生きていくのには違うのではないか???東京にいる人間が地方の気持ちをどうやってかんがえられるのだろうか???(2012/01/13)

復興、日本の将来、といったものをより良いものにせんとする心意気には賛同しますが、明治の混迷期、日本海海戦(露軍の回送による疲弊に乗じた)勝利の賛美、戦えと旗をふらんとするメンタリティー、などにはさすがは武家の血を引くお方と、違和感を禁じえません。そうした声の集積がはからずも先の大戦と、多くの不幸を招いたにほかならないでしょう。国民の幸福を「戦わなくとも」実現できるやり方を見つけたいものです。(2012/01/13)

>この気持ちは1970年代までは健全だった【1ドル=360円という、素晴らしい為替レートが破られた1971年以前】ならば、確かにその通りでしょう。ドイツの自動車業界はユーロ安で我が世の春です。アメリカ自動車市場では、今やレクサスを抜いてベンツがシェアトップになりました。ユーロ安の恩恵を円安という形でもたらせれば、日本も戦う気持ちが沸いてくるでしょう。(2012/01/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長