• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第6回 フェイスブック S-1(上場申請書)でわかった「若き大王」の意思

2012年2月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

第5回から読む)

 現地時間2月1日にフェイスブックがSEC(アメリカ証券取引委員会)に上場申請書を提出したが、アメリカのビジネス、IT関連メディアはフェイスブックの上場の話題一色だ。フェイスブック上場への関心の高さは、SECのサーバーが殺到するトラフィックのために一時停止してしまったことでもうかがえる(現在は正常に表示される)。

 早速、フェイスブックが提出したS-1上場申請書をダウンロードしてみたが、全文は9万6000語以上もある大部なものだ。筆者が日本語版の翻訳を担当しているITブログニュースのTechCrunchを始め、アメリカのメディアの解説も参考にして、目についた重要な点に絞って紹介してみたい。

アクティブ・ユーザーは8億4500万人、アジアはさらに増加も

フェイスブックの上場申請書の冒頭でアピールしていたフェイスブックの実績

 まず現在フェイスブックが社内で推計している月間アクティブ・ユーザー数(少なくとも月1回ログインしたユニーク・ユーザー)は8億4500万人、毎日のアクティブ・ユーザー数は4億8300万人だ。このうち約半数が、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイス経由でアクセスしている。一部のモバイル・アプリが自動的・定期的にフェイスブックのサーバーを呼び出す仕様になっていたりするため、フェイスブック自身も完全に正確な訪問者数を把握するのは困難だというが、これがもっとも正確な数字と考えてよいだろう。

 地域別のユーザー数では北米が1億7900万、ヨーロッパが2億2900万、アジアが2億1200万、その他が2億2500万となっている。インターネットユーザーに対する普及率ではアメリカ、イギリスではすでに60%を超えており、ユーザー増加率は頭打ちになっている。しかし、アジアでの普及率は20%以下で、今後大きな成長が見込まれるとしている。

 ユーザー数に関しては、成長率は一時ほどの爆発的なものではないが、新規ユーザーの加入は続いており、今後アジア、ブラジルなどの人口の多い地域の普及率が欧米並みになれば、さらに数億人の増加は十分可能だろう。

初めて明かされたグーグル並みの利益率

 今回の申請書でもっとも注目を集めたのが、フェイスブックの財務状況の数字だろう。ただし結論から言えば、アナリストのこれまでの推測と大きく異なることはなく、まず順当なものとなっている。

 2011年の売上高は37億ドル、利益は10億ドルだった。利益は対前年比65%のアップとなった。売り上げは88%のアップ。売り上げは主として広告からだが、バーチャルグッズの売り上げ、プラットフォーム開発からの収入も寄与している。純利益率は27%と非常に高い。ちなみこの水準は、グーグルの純利益率の26%とほぼ一致する。営業利益率にいたっては47%だ。その一方で、運営経費もさすがに巨額だ。2011年の純営業費用は15億ドルで対前年比122%のアップだった。

コメント0

「天才 「フェイスブック」の読み方」のバックナンバー

一覧

「第6回 フェイスブック S-1(上場申請書)でわかった「若き大王」の意思」の著者

滑川 海彦

滑川 海彦(なめかわ・うみひこ)

IT分野の評論と翻訳を手がける。ITニュースブログ「TechCrunch Japan」翻訳チーム。著書に、『ソーシャル・ウェブ入門』(技術評論社)ほか、訳書に『フェイスブック 若き天才の野望』など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長