現地報告! 構想30年のスーパー望遠鏡「アルマ」がついに動き出す

日本が先鞭をつけた1200億円の巨大国際プロジェクト(その1)

 2013年3月13日、チリで開催された史上最大のスーパー望遠鏡「アルマ」の開所式に参列してきた。

宇宙の解明が海抜5000メートルに建設された巨大望遠鏡「アルマ」によって大きな展開をみせようとしている(写真:ALMA<ESO/NAOJ/NRAO>、山根が星空のイメージに近くなるよう色調整をした)

 私が「アルマ」の計画を初めて知ったのは16年前、1997年8月のことだ。ハワイ島に建設中だった「すばる望遠鏡」の取材で海部宣男さん(当時・国立天文台ハワイ観測所所長、後に国立天文台長、現・国際天文学連合IAU会長)から、その壮大な夢の計画を聞いたのである。

 あまりにもわくわくする計画だったため、99年に「すばる望遠鏡」が完成したのを機に、「アルマ」計画の構想を立案し、その推進役として日米欧の国際共同プロジェクトの日本側責任者だった国立天文台の石黒正人さん(当時、計画準備室長、後に推進室長、現・国立天文台名誉教授)に長時間の取材を行い、『週刊ポスト』(小学館)で連載中だった「メタルカラーの時代」で3週にわたり記事を掲載したのである(2001年6月に掲載)。その後私は、「アルマ」実現のための政府委員も務め、また折に触れて「アルマ」の記事を書いてきただけに、その完成は待ちに待ったものだった。

石黒正人さん(現・国立天文台名誉教授)は世界を代表する電波望遠鏡のスペシャリストで、「アルマ」の実現に尽力してきた。チリのスタッフからは「神様の次に偉い人」と呼ばれていた(写真提供:石黒正人)

日米欧が総額1200億円を投じた大プロジェクト

 2012年3月、開所式を1年後に控えた現地を訪れた。

 この「アルマ」訪問には、友人であり宇宙にも造詣が深い日経BPコンサルティング社長の戸田雅博さんも同行。そして、「アルマ」の実現までには長い、そして熱い知られざる物語に満ちていることにあらためて感銘した。

バックナンバー

著者プロフィール

山根 一眞

山根 一眞

ノンフィクション作家

ノンフィクション作家として先端科学技術分野の熱い人間像を描き続ける一方、3.11被災地支援活動も人生の大きな柱です。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

0%

まあ参考になった
 

0%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

0%

読んだほうがよい
 

0%

どちらでもよい
 

0%

いただいたコメントコメント2件

アルマプロジェクトに関わったて来られた方々に最大の敬意を表します。このプロジェクトに限らず、我が国の自然科学並びに工学分野における皆様のたゆまぬ努力に敬服します。おどろおどろしい世間の事件事故の記事ばかりが目立つ今日この頃、こういう記事が何と少なくなったことかと改めて感じる。しかし、このプロジェクトには、関わった一人ひとりの己の分野・職業・道に対する飽くなき努力と挑戦し続ける気概を感じます。一方同じ現実の世界で、金の亡者のごとく経済第一主義的な価値観でしか物事を捉えられない人々の多さに無力感を覚える。人の心のバランス感覚の問題かもしれないが、一方に傾斜し過ぎない人格を我々は求められているのではないでしょうか。(2013/04/10)

昨年建設に携わっていた方が殺害されたことが大変残念である。是非これからは、すばる望遠鏡に負けない成果を挙げてほしい。(2013/04/05)

コメント(2件)を読む/書く

閉じる