• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

難題を克復! スーパー天体望遠鏡「アルマ」を支える“ニッポンの力”

日本が先鞭をつけた巨大国際共同プロジェクト(最終回)

2013年4月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前々回の「現地報告! 構想30年のスーパー望遠鏡『アルマ』がついに動き出す」、そして前回の「史上最大! スーパー天体望遠鏡「アルマ」の正体」と2回にわたってお届けしてきた、今年3月13日にチリで行われた「アルマ」開所式からの現地レポート。今回が最終報告となる。

開所式の会場の外に置かれたアンテナ移動台車の上でこの日を喜ぶチーム(撮影:山根一眞)

福井照副大臣が日本の“本気”をアピール

 開所式に参列したのは、日本からの66人を含む世界を代表する天文学者や科学者たち約350人だ。

 海抜2900メートルにあるバックヤード「アルマ山麓施設」に設営された巨大テント内会場の正面には、大型のスクリーンが2基設置され、チリのセバスティアン・ピニェラ大統領や日本の文部科学省の福井照副大臣も参列した。福井副大臣が、日本は今後30年にわたり「アルマ」を支えると力強い発言をしたことで、欧米の要人たちは「日本の意気込みはすごいぞ、我々もうかうかしていられない」と口にしたという。

開所式で英語によるスピーチをする文部科学省副大臣、福井照さん(撮影:山根一眞)

 この開所式では、突然、スクリーンに国際宇宙ステーションからの中継ビデオが映し出され、カナダのクリス・ハドフィールドと米国のトム・マーズバーンの両宇宙飛行士が「アルマ」へのお祝いのメッセージを伝えて一同を湧かせた。

 やがて画面には海抜5000メートルの山頂施設に並ぶアンテナ群が写し出され、ピニェラ大統領が「スイッチオン」を伝えると、映画『ニュー・シネマ・パラダイス』のテーマ音楽に合わせてアンテナ群が一斉に首を振り、銀河系の中心に向けられた。何とも心憎い演出だ。

 石黒正人さん(国立天文台名誉教授)は、「私が大好きな映画音楽です。今日は、宇宙を見る素晴らしいスクリーンを備えたアルマ映画館のオープンなんだと思いました。今日は生涯最高の日です」と、およそ30年目に迎えたマイルストーンの喜びを語っていた。

開所式を終え喜びをわかちあう参列者たち。会場脇と会場を見下ろす高台には日米欧のアンテナ4台が整列していた(撮影:山根一眞)

コメント3

「山根一眞のポスト3・11 日本の力」のバックナンバー

一覧

「難題を克復! スーパー天体望遠鏡「アルマ」を支える“ニッポンの力”」の著者

山根 一眞

山根 一眞(やまね・かずま)

ノンフィクション作家

ノンフィクション作家として先端科学技術分野の熱い人間像を描き続ける一方、3.11被災地支援活動も人生の大きな柱です。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師