• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米巨大竜巻災害で世界のメディアが伝えた“ある日本人”の名

「Fスケール」の考案者、藤田哲也博士の生涯(その1)

2013年6月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5月20日、米国オクラホマ州を未曽有の巨大竜巻が襲い、甚大な被害をもたらした。世界中に被災地の信じがたい様子が伝えられたが、その中で一人の日本人の名が繰り返し報道された。その人物の仕事と生涯をたどった。

 福岡県北九州市小倉南区。北九州空港に近い中曽根というアパートやマンションに囲まれた住宅地の中に、こじんまりとした墓地がある。2013年5月25日の土曜日、私はやっとみつけた墓石の前で手を合わせた。「丸に三つ柏」の家紋が刻まれた墓石には藤田家之墓と記されている。

 墓石の左手には、V字型の噴水のような絵が刻まれた碑がある。「FUJITA FAMILY U.S.A 1993 Tetusyta Theodore Fujita」という名も。その横に立つ細長い看板から、そのV字型の彫刻が何を意味するかが理解できる。

 竜巻の強さを示す『Fスケール』の考案。航空機の墜落原因『ダウンバースト』を発見して命名し、その予防策を開発。気象学のノーベル賞と云われる仏航空宇宙アカデミー金メダルを受けた。シカゴ大学特別貢献教授 藤田哲也博士 ここに眠る。

 藤田記念館建設準備委員会

 V字型の彫刻は、竜巻を表現しているのである。

藤田哲也博士が眠る北九州市小倉南区中曽根にある藤田家之墓。左の碑には竜巻の絵が刻まれている(撮影:山根一眞)

【お詫びと訂正】上記画像のキャプションにおきまして、初出に「その下には地震の巣であるプレートの衝突と火山噴火の絵。これは地質学者である博士の弟、碩也氏の仕事を物語っているようだ」とありましたが、これは碩也氏ではなく藤田博士の長男で、現在米ミシガン州立大学教授のKazuya Fujita博士でした。お詫びして訂正します。

コメント3

「山根一眞のポスト3・11 日本の力」のバックナンバー

一覧

「米巨大竜巻災害で世界のメディアが伝えた“ある日本人”の名」の著者

山根 一眞

山根 一眞(やまね・かずま)

ノンフィクション作家

ノンフィクション作家として先端科学技術分野の熱い人間像を描き続ける一方、3.11被災地支援活動も人生の大きな柱です。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授