• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本の「水月湖」が世界の歴史のものさしに!

「年縞」を読み解いた在英日本人研究者(その1)

2013年8月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

湖沼の底に残された“年輪”

 「年縞」(ねんこう)。聞き慣れない言葉だ。

 樹木の「年輪」は、その輪の縞の1本が1年を意味していることはだれでも知っている。年輪の数を数えれば「樹齢」がわかる。夏は木の生長が早く、冬は生長が遅い。年輪のひとつひとつの幅を調べれば、夏や冬の長さもわかる。

福井県若狭町で見た樹木の断面に残る年輪。この樹木は、縞の数から「樹齢」およそ25年のようだ。樹木の「年輪」は「歴史時代」の標準時として使われてきた。だが、この研究を進めてきた欧州では1万4700年より以前は氷河期で樹木がないため、それ以前の標準時は「年縞」の出番になる。(写真:山根一眞)
これが、2006年夏に水月湖の湖底ボーリングで得た「年縞」の一部。この写真は28cm分だが、得た「年縞」はこの約260倍の長さになる。(写真提供:中川毅)

 この「年輪」に相当する「縞」は、湖沼の底の泥層にも残されている。

 周囲から大きな水の流入などがほとんどない、静かな、そして深い湖沼の底には、さまざまなモノが、そっとそっと降り積もっている。

 「縞」は、植物の葉や花粉、植物プランクトンの死骸(殻)、周囲の山が浸食され流れこんだ土壌、湖水に含まれる鉱物質、火山噴火による火山灰、飛来した黄砂などからなる。津波が運ぶ砂が混じることも。それらが作る1年分の「縞」の数を上から勘定していけば、正確な「年」がわかるのだ。さらに縞を詳しく読み解けば、その時代に何があったのかもわかる。

 この泥の縞を「年縞」(varve)と呼ぶ。

 その「年縞」が数万年にわたって連続して残っている湖沼は世界でもごくわずか。その、理想的な場所が日本にあったのである。

コメント5件コメント/レビュー

非常に素晴らしい内容でしたが、最後のスマホ・ゲームについてだけ余計です。スマホ・ゲームばかりしたらだめだということには賛成ですが、スマホ・ゲーム=悪であるという決め付けが残念ですね。若者と触れ合ったことのないおじさんおばさんほどこういうことをよくおっしゃいます。もっと若者と会話して下さい。(2013/08/20)

「山根一眞のポスト3・11 日本の力」のバックナンバー

一覧

「日本の「水月湖」が世界の歴史のものさしに!」の著者

山根 一眞

山根 一眞(やまね・かずま)

ノンフィクション作家

ノンフィクション作家として先端科学技術分野の熱い人間像を描き続ける一方、3.11被災地支援活動も人生の大きな柱です。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

非常に素晴らしい内容でしたが、最後のスマホ・ゲームについてだけ余計です。スマホ・ゲームばかりしたらだめだということには賛成ですが、スマホ・ゲーム=悪であるという決め付けが残念ですね。若者と触れ合ったことのないおじさんおばさんほどこういうことをよくおっしゃいます。もっと若者と会話して下さい。(2013/08/20)

7月末のNHKニュースウォッチ9の報道によれば、年縞は約2900年に一回の頻度で大地震が福井地方を襲ってきたことも告げているとか。福井といや敦賀に大飯にもんじゅ、原発14基を抱える原発銀座です。最後の大地震がいつだったのか、次はいつごろ起きそうか、ぜひ発表してもらいたい。(2013/08/20)

なんとそんなすごい場所が日本にあったのか!こんなすごい研究者がいたのか!とそのスケール感に思わず興奮しました。それだけに最後の陳腐な一文が残念…。(2013/08/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長