• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

イプシロン、度重なる延期を乗り越えて打ち上げ成功

甦る日本の固体ロケット(2)

2013年9月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

上昇するイプシロン初号機(撮影:柴田孔明)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月14日午後2時、新型ロケット「イプシロン」初号機を鹿児島県・肝付町の内之浦宇宙観測所から打ち上げた。第1段から第3段までの各ロケットは完全に動作。搭載した衛星「SPRINT-A」を軌道に投入する際の精度を向上させる「ポストブーストステージ」(第4段に相当する)も正しく機能。打ち上げから約1時間後には、予定の軌道にSPRINT-Aを投入した。

 イプシロンは全段固体燃料を使用する3段式の比較的小型のロケットで、地球低軌道に1.2トン、地球を南北に回る極軌道に450キロの衛星を打ち上げる能力を持つ。M-V(ミュー・ファイブ)ロケットに続く全段固体ロケットとして、JAXA が2010年から開発してきた。

 日本の固体ロケットは1955年に東京大学・生産技術研究所の糸川英夫教授が水平発射実験を実施したペンシルロケット以来の長い伝統を持つ。先代のM-Vは2006年9月23日の打ち上げを最後に、予算不足のために運用終了を余儀なくされた。M-V運用終了からイプシロン開発開始までの間には、3年間の空白が存在する。ここで一度は途絶しかけた日本の固体ロケットの伝統は、イプシロンの成功により再びつながった。

強風が懸念される中で完璧な成功

 打ち上げは当初8月27日に予定されていたが、中止となった。打ち上げ19秒前に、イプシロンの打ち上げシーケンスを監視する地上側コンピューターが異常を検知したからだ。イプシロンが搭載するコンピューターが出力した姿勢に関するデータを、地上側コンピューターが受け取り損ねたのが原因だった。

 JAXAは、事故原因の究明とソフトウエア改修に加えて、イプシロンの設計と運用の全般を今一度見直す総点検を行った。イプシロン関係者以外の専門家を30人規模で集め、総点検チームを構成し、指摘を受けた。打ち上げシーケンスやコンピューターが監視する項目などを見直した上で、新たな打ち上げ日を9月14日と設定した。

 打ち上げ当日の内之浦は曇り時々晴れ。近づきつつある台風18号の影響で、風が強くなりつつあった。打ち上げに使用するパラボラアンテナのある、小笠原・父島の小笠原追跡局でも強風が吹いていた。あまり風が強くなると、飛行するロケットにパラボラアンテナを向けることができなくなる。

 打ち上げは午後1時45分に設定されていたが、直前に進入禁止海域に船が入ったために午後2時に再設定された。心配された風も打ち上げを阻むほど強くなることはなく、空は雲の切れ目すら見え始めた。

 打ち上げ70秒前からカウントダウンが始まった。

 午後2時ちょうど、イプシロンはまばゆい噴射をはき出しつつ、低層雲の切れ目を通過するようにして、空へと飛び立った。

 飛行するロケットは、淡い高層雲の中に溶けるまで1分ほど、地上から見送ることができた。

 打ち上げは完璧な成功を納めた。

コメント1件コメント/レビュー

とにかく打ち上げが成功して良かったです。衛星ひさきのネーミングにそんな意味があったとは、知りませんでした。世界の最先端目指して、さらなる飛躍を!飛べ、イプシロン!!(2013/09/18)

「宇宙開発の新潮流」のバックナンバー

一覧

「イプシロン、度重なる延期を乗り越えて打ち上げ成功」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

とにかく打ち上げが成功して良かったです。衛星ひさきのネーミングにそんな意味があったとは、知りませんでした。世界の最先端目指して、さらなる飛躍を!飛べ、イプシロン!!(2013/09/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長