• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「“できない人”にいくら教えても“できる人”にならない」問題についての対話

2013年10月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 調べて書きたいが藪蛇になりかねない。記者の仕事を30年近く続けてきて、こう思うことが時々あった。大事だが調べていくと楽しくない結論に到達しそうだ。事前にこう感じて放置してしまった。そんな案件がいくつかある。

 特定の企業や人に関する話ではない。素晴らしい企業だと絶賛されているが現場の人に会ってみるとどうも違う。新しいリーダーともてはやされているが彼が経営している企業は赤字になりつつある。こういう場合、塩をまかれようとも取材をして書かなければいけないと思っている。

 書きにくい話とは、多くの人がそう感じているものの表だって言うのをはばかられる、「それを言ってはお終い」という件を指す。その一つが本稿の題名に付けた『「できない人」にいくら教えても「できる人」にならない』である。

 経営でも何らかの技術でも何でもよいが、あることに長けた人はもともと素質ないし能力があって、それを本人か周囲がうまく引き出した。素質が無い人がいくら努力しても周りが教育しても、できる人にはならない。

 上記の一文を書いていて「そんなことはない」と反発したり「でも結局はそうだ」と思い直したりする。

「結局は生まれつき」なのか

 世の中の常識として「だれもが素質を持っており、教育次第でそれを開花できる」ということになっている。ところが経営者や何らかのプロフェッショナルを取材し、本題が終わった後の雑談で正反対の指摘を受けたことがしばしばあった。例えば次の発言である。

 「結局は生まれつきですよ。できる人に機会を与えれば、自分でできるようになる。できない人にいくら懇切丁寧に教えても、できる人にはならないね」

 この言葉はIT(情報技術)のプロフェッショナル向けのWebサイトITproに先日掲載した『「できない人」にいくら教えても「できる人」にならないのか』という拙文で紹介した。発言者は情報システムの「開発で一度も失敗したことがない」人であった。

 この人に「あなたはシステム開発でなぜ失敗しないのか」と聞いたところ「問題があれば事前にカンで分かる」といった主旨の答えが返ってきた。取材した当時、「結局は勘次第でそれは生まれつき、などとは書けない」と思ったものである。

 ところがここへ来て彼が言ったカンは勘ではなく「直観」だったのではないかと考え直した。直観とは「判断・推理などの思惟作用を加えることなく、対象を直接に把握する作用」(広辞苑)である。前出のコラム『「できない人」にいくら教えても「できる人」にならないのか』の末尾を引用する。

 
 決断を下せる経営者は、意思決定の「対象」を素早く、しっかり「把握」している。だからこそ正しい決定ができる。(中略)失敗しない人も直観が優れていたのだろう。ところで、「対象を直接に把握する」力なら生まれつき強弱はあっても、後から鍛えることができるのではないか。(後略)

 記事を公開後、何人の人から感想や意見をいただいた。「“何か変”と感じる力は開発できる」と最後の下りに同意してきた人もあれば「その通り、できない人を相手にしても仕方がない」と前半に賛成する意見もあった。

コメント18件コメント/レビュー

小生は以前企画の仕事をしていたが、企画力というのは創造力と想像力が必要でこれらの能力が低い人には幾ら教えても企画力は生み出せません。創造力とか想像力は元々素質のある人の能力を磨く事は出来ても、素質の無い人に教える事は出来ません。筆者が「直感力」とか「洞察力」と言っているのも同じ意味だと思います。マーケッティングをかじった事のある人なら誰でも知っているフォードの「エドセルの悲劇」という逸話があります。大金を使ってマーケットリサーチをして開発したけど失敗した車です。その裏でアイアコッカが低予算で作ったマスタングがヒットしたのと対比されます。最近流行のビッグデータをもてはやす人はこの逸話を知らないのでしょう。(2013/10/17)

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

「「“できない人”にいくら教えても“できる人”にならない」問題についての対話」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BP総研

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者。2009年1月から編集長。2015年から日経BP総研 上席研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

小生は以前企画の仕事をしていたが、企画力というのは創造力と想像力が必要でこれらの能力が低い人には幾ら教えても企画力は生み出せません。創造力とか想像力は元々素質のある人の能力を磨く事は出来ても、素質の無い人に教える事は出来ません。筆者が「直感力」とか「洞察力」と言っているのも同じ意味だと思います。マーケッティングをかじった事のある人なら誰でも知っているフォードの「エドセルの悲劇」という逸話があります。大金を使ってマーケットリサーチをして開発したけど失敗した車です。その裏でアイアコッカが低予算で作ったマスタングがヒットしたのと対比されます。最近流行のビッグデータをもてはやす人はこの逸話を知らないのでしょう。(2013/10/17)

物事を鳥瞰図のように見る力は、やはり得て不得手が有ると感じます。また“Stay Hungry, Stay Foolish”は、型を徹底的に身に付けた後にそれを発展させる、「芸術」と同じ感覚なのではないのでしょうか?戦前までの教育では、前者は幾何などで発想力の転換を学び、後者は古典文学の叩き込みなどで養ったものでした、どちらも戦後教育が失ったものです。(2013/10/16)

筆者こだわりのこの問題について網羅的に整理されていて参考になる。ある意味当たり前の結論で、表題ほどのインパクトはないが、ものごとの本質は案外そんなものなのかもしれない。そんなあたり前のコメントにはなるが、次のように思う。大方の人には、開発すれば機能するようになるある程度の直感力・洞察力のモトが備わっている。(ただ、開発されるかどうかは指導者にもよる。「駿馬は常にあり、然れども伯楽は常にはあらず」)。ごく一部の人には、常人をはるかに凌駕する強烈な直感力や洞察力が備わっていて、残念ながら常人を開発してもそのレベルに達するのは不可能。そしてまたその対極に、どんなに教育してもそうした能力を開発できない素質の人も一部にはいるように思う。表題の問題について意見が分かれるのは、以上のような現実のなかで、「群盲象を撫でる」のごとく、自分が経験したことに基づいて意見を述べているからにほかならない。(2013/10/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員