• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

若田さんのISS滞在と国のお金

有人宇宙活動の予算削減を止められるか?

2013年11月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

若田宇宙飛行士が乗ったソユーズ宇宙船打ち上げ(2013年11月7日 Photo NASA)

 11月7日午後1時14分(日本時間、以下同じ)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の若田光一宇宙飛行士が乗る宇宙船「ソユーズTMA」が、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。打ち上げは成功し、ソユーズは同日午後7時27分に、高度400キロメートルの軌道を回る国際宇宙ステーション(ISS)にドッキング。若田飛行士は午後9時44分にハッチを開いてソユーズからISSへと移動し、来年5月までの6カ月の長期滞在を開始した。

 若田飛行士は来年3月からの2カ月間、ISSの船長(Commander)を務める。船長は、乗組員がISSで行う全作業を管理すると同時に、緊急事態などにおける意思決定の責任を持つ。

 一見華々しく見える日本の有人宇宙活動だが、その前途は必ずしも明るいものではない。日本の宇宙政策を担当する内閣府・宇宙戦略室は、ISSを通じた日本の有人宇宙活動について予算削減の方針をかなり強く打ち出している。特に2016年以降について「一層の経費の圧縮を図るべき」(「平成25年度宇宙開発利用に関する経費の見積もりの方針」)としている。

 その背景には予算の問題がある。宇宙戦略室が進める準天頂衛星システムをはじめとする宇宙利用に向けたインフラ整備予算を、限られた予算枠の中から捻出しなければならない。このまま行けば、若田“船長”の活躍を花道に、日本の有人宇宙活動は先細りになることが考えられる。

 ISS船長としての若田飛行士の活動をどのように将来につなげていくか、日本の有人宇宙活動の舵取りは難しい局面に差し掛かりつつある。

アジア人初の「ISS船長」は日本の力の証

 これまでに、以下の4人の日本人宇宙飛行士がISSに長期滞在した。若田飛行士(2009年3月~同年7月)、野口聡一飛行士(2009年12月~2010年6月)、古川聡飛行士(2011年6月~同年11月)、星出彰彦飛行士(2012年7月~2012年11月)。ISSに宇宙飛行士が滞在できるかどうかは、その飛行士の出身国がISS計画に対して予算・物資などのリソースをどれだけ提供したか、その割合に応じて決まる。

 ISSに滞在する宇宙飛行士は、往復に使用するソユーズが定員3人であることから、3人で1組となり、ほぼ半年間滞在する。ISSには常時2組6人が滞在し、3カ月ごとに半数の乗組員が交代する。

 今回若田飛行士は、第38次/第39次長期滞在クルーとして、ISSに188日間滞在し、後半の第39次では船長を務める。これまで、歴代のISS船長はロシア20人、アメリカ16人で、有人宇宙活動の経験が長い両国が人材の厚みを生かして圧倒的に多い。残りは欧州(ベルギー)とカナダから1人ずつだった。欧州を欧州宇宙機関(ESA)として1つに数えると、ISS主要参加国・組織として、日本は最も遅く船長を出すこととなった。とはいえ、アジア人としては初のISS船長となる。

 船長を出すことは、ISS計画参加国としてのステータスの1つだと言えるだろう。巨大国際協力計画であるISSに日本が深くコミットし、貢献していることを世界に示す意味がある。日本はこれまでに、日本モジュール「きぼう」を開発、運用し、無人輸送船「こうのとり」で定期的な物資輸送を担当してきた。これらの実績に加えて、若田飛行士が船長を務めることで、人的な側面からも日本の力をアピールすることになる。

コメント5

「宇宙開発の新潮流」のバックナンバー

一覧

「若田さんのISS滞在と国のお金」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授