• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

貞観地震と南海トラフ地震をつなぐ「砂」(2)

私の「東日本大震災取材ノート」から

2014年3月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「3.11」のおよそ1100年前、869年7月9日、東北地方は日本海溝で発生した貞観地震(推定M8.3以上)による巨大津波に襲われたことが、歴史書『日本三代実録』に記されている。

 それを裏付けるための地質学的な調査を続けている一人が、東北大学の菅原大助さん(災害科学国際研究所)だ。

 早くから貞観地震に着目していた箕浦幸治さん(東北大学大学院理学研究科教授、古環境変動学グループ、地学専攻)のもとで大学院生としてその課題に取り組み、現在は津波「工学」と津波「理学」のコラボレーションの研究の場である今村文彦さんの災害科学国際研究所のメンバーだ。野外調査とともにコンピュータによる津波シミュレーションもこなす、いわばデジタル地質学者だ。

 その菅原さんに同行し貞観地震の痕跡を調べるフィールドワークの様子を見せてもらったのは、2012年2月のことだ。その場所を聞いて驚いた。

 宮城県仙台市若林区荒浜。

 ここは、私にとって「3.11」以降、とりわけ深い思い入れのある場所で、何度も訪ねてきたところだったからだ。

 少し長くなるが、私と「荒浜」について述べておきたい。

コメント0

「山根一眞のポスト3・11 日本の力」のバックナンバー

一覧

「貞観地震と南海トラフ地震をつなぐ「砂」(2)」の著者

山根 一眞

山根 一眞(やまね・かずま)

ノンフィクション作家

ノンフィクション作家として先端科学技術分野の熱い人間像を描き続ける一方、3.11被災地支援活動も人生の大きな柱です。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長