• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「MH370便」を衛星×クラウドで探す

オープンなデータ共有で効率化、未来の衛星画像利用のモデルに

2014年4月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月8日にマレーシア・クアラルンプール国際空港を北京に向けて飛び立ったマレーシア航空370便(以下MH370便)が行方不明になってから1カ月が過ぎた。機体搭載トランスポンダーからインマルサットの通信衛星に送られた電波のドップラーシフトを解析した結果、通常の航路を大きくはずれて南インド洋に墜落したことはほぼ確定した。残念ながら現在も機体は見つかっておらず、関係各国による捜索が続いている。

 今回の遭難では、地球観測衛星画像による漂流物探しも行われている。各国政府機関が保有・運用する衛星も動員されているが、注目すべきは高分解能地球観測衛星を運用する米デジタル・グローブが、衛星画像を公開して、ネットに繋がる不特定多数のクラウドソーシングでMH370便を探すプロジェクトを立ち上げたことだ。

 地球観測衛星は、運用期間中に膨大なデータが蓄積される。不特定多数が参加するクラウドによる解析や捜索は、地球観測衛星データの有効利用の鍵となる可能性を秘めている。

ネットのボランティアが500以上の漂流物を発見

 デジタル・グローブは、グーグルの子会社で、「クイックバード」「ワールドビュー」などの高分解能地球観測衛星を軌道上で運用している。同社は、ネットに繋がる不特定多数が特定の目的で協力して衛星画像を解析するためのウェブページ「Tomnod」(Tomnodはモンゴル語で“大きな目”)を運用しており、事故発生2日後の3月10日に、早くもMH370便捜索プロジェクトを立ち上げた。事故後に得られた遭難が起きた可能性のある地域・海域の衛星画像を公開し、「370便の機体や漂流物を探そう」と世界中に呼びかけたのである。

 デジタル・グローブの発表では翌11日時点で11万5000人のネットユーザーがボランティアで捜索に参加し、画像が1400万回チェックされた。それから約1カ月が経った4月6日現在、524件の漂流物や機体残骸のように見える物体が登録されている。

Tomnodのトップページ。衛星画像からのマレーシア航空370便捜索を呼びかけている。

 MH370便は関係各国の航空機による捜索が続いているが、どの陸地からも遠く、通常航路からも外れた海域であるため、まだ確実にこの航空機のものと判断できる漂流物は発見されていない。

 その意味では、今回Tomnodが試みた衛星画像を使ったクラウドサーチも成果を挙げたとはいえない。しかし、これを否定的に評価すべきではない。Tomnodは既にいくつかの事例で実績を積み上げており、むしろ「新たな衛星画像の解析と利用の方法が、世界に提示されている」と考えたほうがよい。

 もともとTomnodは、2010年からカリフォルニア大学からスピンアウトしたベンチャーを、2013年にデジタル・グローブが買収して事業化したものだ。これまでに米オクラホマ州の竜巻被害の被災地図作成(2013年5月)、フィリピンを襲った台風30号の被災地図作成(2013年11月)、米アイダホ州で墜落した軽飛行機の捜索(2014年1月)で、有益なデータを提供してきている。

「アマチュアの好奇心」が北朝鮮を監視

 Tomnodの基本的な発想は、膨大な衛星観測画像を解析するために必要なリソースをクラウドに求めるというものだ。おそらくそのヒントとなったのは、2007年から米を中心に始まった「North Korea Uncovered」という草の根の北朝鮮ウォッチングであろう。

コメント0

「宇宙開発の新潮流」のバックナンバー

一覧

「「MH370便」を衛星×クラウドで探す」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長