• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「アンタレス」爆発は、プロジェクトの強靱さを見せつける

複数トラック化で影響は最小限に

2014年11月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 夜のロケット打ち上げは、噴射炎が輝き、昼よりも派手になるが、事故となるとなおさらだ。2014年10月28日午後6時22分(米東部時間、日本時間では29日午前7時22分)、米オービタル・サイエンス社(OSC)は米ヴァージニア州米航空宇宙局(NASA)ワロップス飛行施設から、国際宇宙ステーション(ISS)向け物資を搭載した無人輸送船「シグナス」を搭載した「アンタレス」ロケットを打ち上げた。しかし、打ち上げから数秒後、ロケットは爆発し、そのまま射点施設へ落下、炎上した。

 シグナスには、ISS向けの水・食料や、米ベンチャーの開発した小型衛星、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの日本の実験装置など合計2215kg(パッケージ材を含めると2296kg)が搭載されていたが、すべて失われた。また、射点設備も相応に損傷を受けた模様だ。

 シグナスとアンタレスは、NASAの商業軌道輸送サービス(COTS:Commercial Orbital Transportation Services)という宇宙民営化政策の一環として、NASAからの補助金を受けてOSCが開発した無人輸送船とロケットだ。

ISS計画へのダメージは最小限

 日本では、事故によるISS運用見直しや宇宙の民営化後退の懸念を伝える報道が目立ったが、実際にはCOTSや国際協力によってISS運営への影響は最小限に抑えられるだろう。もちろんISSへの輸送計画は組み直しになることは間違いない。しかし1986年のスペースシャトル「チャレンジャー」爆発事故や、2003年のシャトル「コロンビア」空中分解事故の時のように、事故ですべてが止まるという状況ではない。

アンタレス出火の瞬間(NASA/Joel Kowsky)

事故原因?となった数奇なエンジンNK-33/AJ-26

 COTSは、ISSへの貨物輸送を民営化する補助金計画として2006年から始まった。NASAが選定した企業に補助金を出し、企業は打ち上げロケットと輸送船を開発する。完成した輸送船によるISSへの物資輸送を、NASAがサービスとして企業から購入するという計画である。紆余曲折の末に、米スペースX社の無人輸送船「ドラゴン」と「ファルコン9」ロケットと、OSCのシグナス輸送船・アンタレスロケットがCOTSによって開発された。

 ドラゴン/ファルコン9は、2012年5月以降、ISSに対して5回の補給フライトを実施しており、次のフライトは今年12月に予定されている。シグナス/アンタレスも、2013年9月から3回の補給フライトを成功させていた。

コメント1

「宇宙開発の新潮流」のバックナンバー

一覧

「「アンタレス」爆発は、プロジェクトの強靱さを見せつける」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官