• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

打ち上げが「1秒」遅れてもダメ、「はやぶさ2」のスゴい軌道計算

小惑星探査機「はやぶさ2」の取材ノートから(3)

2014年12月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 やっと「はやぶさ2」の打ち上げ日を迎えた。
 2度にわたる打ち上げ延期で、打ち上げ日時がどう変わったかを見ると、

11月30日(日)13時24分48秒
12月01日(月)13時22分43秒
12月03日(水)13時22分04秒

 11月30日の予定時刻が、12月1日には2分5秒早まり、さらに12月3日では39秒早くなったことがわかる。

なぜ4時間? なぜ1秒?

 それにしてもなぜ、1~2日ずれるだけで打ち上げ時刻が変わるのだろうか、それも秒単位で。
 面倒なことは言わず、「00秒」で統一してくれればいいのにと思う人もいるだろう。実際、ここ種子島宇宙センターで「はやぶさ2」の前のH-2Aロケット25号機(静止気象衛星ひまわり8号)の打ち上げは、

2014年10月7日(火)14時16分00秒

だった。打ち上げ計画書には「打上げ時間帯」という添え書きもあり、

14時16分00秒~18時16分00秒

と記してあった。秒の単位が「00」というのは、とてもわかりやすい。しかも、「打ち上げ時刻は最大4時間遅れてもオッケーよ」だった。


2014年10月7日14時16分00秒、静止気象衛星「ひまわり8号」を搭載し打ち上げられたH-2Aロケット25号機。(写真:JAXA)

 ところが「はやぶさ2」は、今回の打ち上げが最大12月9日まで遅れた場合でも、いずれの日の打ち上げ時刻も1秒の正確さが必要で、「1秒遅れたらバツ」なのだ。

コメント9

「山根一眞のポスト3・11 日本の力」のバックナンバー

一覧

「打ち上げが「1秒」遅れてもダメ、「はやぶさ2」のスゴい軌道計算」の著者

山根 一眞

山根 一眞(やまね・かずま)

ノンフィクション作家

ノンフィクション作家として先端科学技術分野の熱い人間像を描き続ける一方、3.11被災地支援活動も人生の大きな柱です。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員