• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

忘れない…震災1年後の神戸の夜、悲しみの先に見た光を

私にとっての阪神・淡路大震災20年(2)

2015年1月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 1995年1月17日未明に発生した兵庫県南部地震、そして6434人もの方が亡くなった阪神・淡路大震災から20年が過ぎた。

 その20年という節目を迎えるにあたって、当時の記録や資料、写真をくまなく見直したのだが、その被害の大きさは「想像を絶する」ものだった。自分自身で現場をくまなく見たはずなのに、なぜ「想像を絶する」と思ったのか……。

 それは、16年後、のべ50回も訪ねてきた東日本大震災の被災地の惨状があまりにも鮮烈だったからだと気付いた。私の脳裏に焼き付いていたはずの阪神・淡路大震災の被害の記憶は、東日本大震災の現場取材の経験によって「上書き」されてしまっていたのだろうと思った。

1000枚のポジフィルムが呼び起こす鮮明な記憶

 しかし、記憶は消えてはいかなった。

 ともに現地取材をした写真家の山本皓一さんから20年ぶりに提供していただいた約1000枚のポジフィルムの一コマ一コマを見るうちに、20年前の惨状が、記憶が驚くほど鮮明に蘇った。

1995年1月22~26日、神戸市内の大規模火災の焼け跡。(写真・山本皓一)
1995年1月22~26日、神戸市内の倒壊した住宅地。(写真・山本皓一)

 阪神・淡路大震災から20年目を迎えた2015年1月17日をはさみ、メディアはこぞって20年前の巨大災害を報じたが、それは何日も続いたわけではなかった。

 それではいけない。私は、この「日経ビジネスONLINE」を通じて、「語り継ぐ」ことを続けることにした。

コメント2

「山根一眞のポスト3・11 日本の力」のバックナンバー

一覧

「忘れない…震災1年後の神戸の夜、悲しみの先に見た光を」の著者

山根 一眞

山根 一眞(やまね・かずま)

ノンフィクション作家

ノンフィクション作家として先端科学技術分野の熱い人間像を描き続ける一方、3.11被災地支援活動も人生の大きな柱です。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員