• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「勝ち組」電機も抱える不安

デジタル家電、価格下落でも投資拡大にひた走る

  • 西頭 恒明,熊野 信一郎

バックナンバー

2006年5月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 発表がピークを迎えた電機・自動車大手の2005年度決算は、極めて好調な結果となった。しかし、今年度の展望を子細に点検すると、好決算の裏に潜む問題点が浮き彫りになる。

 主力事業の回復や個人消費の拡大を追い風に攻勢をかける――。

 NEC(6701)や三洋電機(6764)を除く電機大手が2005年度決算を発表し、今年度の事業方針を明らかにした。各社ともデジタル家電を中心に積極的な設備投資計画を打ち出し、事業拡大に強気な姿勢を見せる。一方で、その陰ではリスクも生じている。

東芝は半導体にも巨額投資

東芝の半導体拠点、四日市工場では生産能力の増強が続く

東芝の半導体製造拠点、四日市工場では生産能力の増強が続く

 「今期の半導体市場の価格動向をどのように見ていますか」

 4月28日に開かれた東芝の決算説明会。デジタルオーディオ機器などの普及で需要が急増するフラッシュメモリーの価格について、アナリストから質問が相次いだ。今や東芝を支える半導体事業の営業利益は1340億円と、連結営業利益に占める割合が56%にまで達した。半導体事業への設備投資は前年度、期初計画の2倍に近い2890億円を計上。今年度も主力の四日市工場(三重県四日市市)の生産能力増強などで、前期実績をさらに上回る3540億円の設備投資を計画している。

 だが、生産能力で東芝の2倍以上の規模を持つ世界最大手、韓国サムスン電子などでも、新たな設備投資計画が浮上している。また、フラッシュメモリーの価格は、今年に入ってスポット市場を中心に下落の傾向が見られる。アナリストの質問が相次いだのは、積極投資が裏目に出ないかという懸念からだった。

 東芝は2005年度、全事業セグメントが営業黒字化した。有利子負債が1兆円を割り込むなど、財務体質の改善も進んだ。半導体への投資に加え、米原子力発電プラント大手、ウエスチングハウスを54億ドル(約6200億円)で買収、成長路線を歩み始めた。だが、生産能力の増強が需給バランスに影響を及ぼし、経営のリスクへと転じる恐れもある。

 笠貞純副社長は「フラッシュメモリーの需要は依然として旺盛だ。この第2四半期には充足率が70%と、かなり供給が足りなくなってくると見ている」と強気の構えだ。それでも、市況が絶対に悪化しないとは言い切れない。「(価格動向を見つつ)瞬間、瞬間で投資のコントロールをしていく」とも話すように、状況に応じた絶妙な投資判断が求められる。

 半導体だけではない。市場の価格変化による影響が最も激しいのは薄型テレビだ。

 「勝ち組」の代表、松下電器産業は今期、5期連続の増収増益を見込む。プラズマテレビは世界シェア約4割の400万台、デジタルカメラは800万台と、ともに昨年比2倍の世界販売目標を掲げる。

 だが、プラズマで世界シェアトップの松下でさえ、加速する価格下落の波にさらされる。価格低下によって今期は連結営業利益ベースで5200億円の減益要因となる見込みだ。

中村邦夫社長

6月に会長に就く松下の中村邦夫社長は連結営業利益率5%を目指す

 「今期も経営環境は厳しい」。6月末に会長に就任する中村邦夫社長がこう気を引き締めるように、松下はプラズマの価格が今後も2~3割程度下がり続けることを前提に事業計画を立てなければならなかった。デジタル家電は電機各社の業績拡大の牽引役であると同時に、収益力低下のリスクを抱える“アキレス腱”にもなる。

 シャープの佐治寛副社長は「市場価格は今期2~3割下がるだろうが、大画面で高精細なモデルの構成比を増やすことで平均単価を1割程度の下落にとどめたい」と話す。同社は液晶テレビの世界販売目標を昨年の1.5倍、600万台としている。今秋にも一貫生産拠点、亀山工場(三重県亀山市)の第2工場を本格稼働して、40~50型クラスの大画面モデルを量産する。製造コストを10%以上削減することで利益の確保を図る。

コメント2

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長