• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

OL向けの制服が1万着売れた!(日経情報ストラテジー)

カウネットが通販戦略を刷新

  • 川又 英紀

バックナンバー

2006年5月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

カウネットのカタログ
カウネットアネックスが取り扱う制服のカタログ

 複数の制服メーカーのカタログを中小の事業所にまとめて送ったら、OL向けのオフィスウエアがこの1年で1万着も売れた――。オフィス向け文房具の通信販売サービスを手がけるカウネット(東京・港区)は、2004年7月に開始した「通常のカタログに掲載していない商品」の通販サービスに大きな手応えを感じている。

 このサービスは「カウネットアネックス」。通常のカタログを顧客に送付する代わりに、メーカーが営業用に作っている制服などのカタログを、メーカーに代わってカウネットが顧客のオフィスに配送する。顧客はメーカーのカタログに載っている商品の品番をカウネットの注文番号に置き換えて、インターネットで注文できる。

 カウネットの2006年3月期の売上高は、アネックスでの制服販売が立ち上がったこともあり、前期比10.2%増の350億円となった。今期は414億円を目指している。

 アネックスが顧客に好評なのは、商品の選択肢が一気に何倍にも増えることだ。しかもメーカー自身が作っているカタログだから、制服のパンフレットはまるで、美人モデルが流行の服を着込んだファッション誌のようだ。色もサイズも豊富に揃う。世の中には、これほど多くの制服があったのかと驚かされる。その中から自由に制服を選択できるのは、実際に制服を着るOLにとってはありがたいことであり、楽しいことでもある。

 現在アネックスでは、OL向けの制服のほか、ミドリ安全(東京・渋谷区)の安全靴、シャープのレジスター、各種セキュリティー製品など6分野の商品を取り扱っている。制服の販売が好調なことを受け、カウネットは今期、アネックスの品揃えを強化していく方針だ。

たまにしか売れない商品に商機

 アネックスがユニークなのは、カウネットが同社の物流センターに該当商品の在庫を持たないことだ。カウネットは年2回、オフィス用品を掲載した分厚いカタログを発行しており、カタログに掲載している1万9500点の商品については、原則としてすべての商品の在庫を物流センターに保管している。

 カウネットはライバルのアスクルと同様に、カタログ掲載商品なら注文を受けた当日もしくは翌日に顧客のオフィスに商品を届けることにしている。即日発送を実現するには、センターでの在庫保管が欠かせなくなる。

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長