• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

旅行サイトもWeb2.0の波(日経情報ストラテジー)

口コミの「フォートラベル」がユーザー数拡大

2006年6月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 
旅行のクチコミサイト「フォートラベル」のトップ画面
[画像のクリックで拡大表示]

 旅行情報サイトの「フォートラベル」(http://4travel.jp/)がユーザー数を拡大させている。

 同サイトは、大手旅行代理店などが運営する「予約サイト」とは趣が異なり、一般ユーザーの「口コミ」を主要なコンテンツに据えた「旅行のクチコミサイト」。2004年1月のサイト開設以来、閲覧者数は伸びてきたが、今年5月に月間閲覧者数が初めて200万人を超える見込みだ。トラベラー会員と呼ばれる無料の登録者の数も、6月初旬で約1万7000人となった。

 旅行の口コミサイトはいくつかあるが、調査会社ネットレイティングス(東京・渋谷)の調べによると、同サイトへのリーチ率(インターネット利用者に占めるユニークユーザー数)は1.88%(今年1月時点)と、同カテゴリーにおけるランキングで第1位となった。

約660の旅行代理店が情報を提供

 このサイトを運営しているのは、カカクコムの子会社であるフォートラベル(東京・文京)だ。

フォートラベルの津田全泰社長(右)と請川貴之取締役(左)
フォートラベルの津田全泰社長(右)と請川貴之取締役(左)

 津田全泰(つだ・ぜんたい)社長は学生時代にネットビジネスを志し、大学卒業前に楽天の前身であるMDMに入社している。同社8人目の正社員として楽天トラベルの立ち上げなどに携わった。2003年3月に楽天を退職し、旅行会社で添乗員をしていた請川貴之氏(現取締役)と同年4月にフォートラベルを設立。翌年1月にサイトを開設している。独立については、「自分自身でサービスを立ち上げて世に出してみたかった。楽天はどこまでいっても三木谷さんの会社だったから」と話す。

 フォートラベルは津田社長の古巣である楽天トラベルとは異なり、ホテルや旅館と直接契約するわけではない。サイト内にインターネット上に散らばる旅行情報を収集・整理することで旅行者と旅行代理店や航空会社を引き合わせる。収入はこうした旅行関連企業からの広告に頼っているが、旅行者の利便性を重視しており、広告を出稿しない企業の予約サイトも紹介している。そのため情報提供元となっている旅行代理店の数は660にも及び、情報の豊富さから旅行者の人気を呼んでいる。

コメント1

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

「旅行サイトもWeb2.0の波(日経情報ストラテジー)」の著者

上木 貴博

上木 貴博(うえき・たかひろ)

日経ビジネス記者

2002年に筑波大学を卒業し、日経BP入社。「日経ビジネス」「日経情報ストラテジー」「日経マネー」編集部などを経て、2016年4月から現職。製造業を中心に取材中。趣味は献血(通算185回)。相撲二段。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授