• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

例外だらけのW杯チケット

JTBなど30社もFIFAのルール違反

2006年6月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の開幕を前に、恒例ともいうべきチケット騒動が起きた。起点は都内の旅行代理店「マックス・エアサービス」。中国政府系企業に委託していた日本代表戦の観戦チケットが入手できなくなり、5月31日に観戦ツアーの中止を発表した。

日本戦、定価の10倍超も

 日本代表が初出場を決めた1998年フランス大会から、日本のサポーターはチケット問題に振り回されてきた。フランス大会では、国際サッカー連盟(FIFA)が公認した代理店の一部が、割り当て以上のチケットを空売り。試合会場を目の前に、観戦できないサポーターが続出した。

 日本と韓国で共同開催となった2002年。FIFAは代理店を1社に限定したが、今度はチケットがさばききれずスタジアムに空席が目立つ事態を招いてしまった。

 そしてドイツ大会。FIFAは代理店経由のチケット販売を禁止し、インターネットで直接個人に販売する方針を打ち出した。割を食ったのが旅行代理店だ。自社で観戦チケットつきツアーを企画できなくなったからだ。

 その意味で、観戦チケットを手配していたマックス・エアサービスは、FIFAの方針に反している。日本旅行業協会(JATA)も「会員企業にはFIFAのルールを順守するようお願いしている。今回のケースは例外」と強調する。

画像1

 

 しかし、実態は異なる。業界最大手のJTBは、3月から4月にかけて観戦チケットの手配をこっそり行っていた。その証拠が左の「ご案内」。チケットを「信頼できる入場券エージェント」に手配しているためか、価格はかなり高い。サイドラインに沿った1等席の定価は100ユーロ(約1万4400円)。それが日本代表戦は約18万円と10倍以上で売られていた。観戦チケットの手配は同社でツアーを申し込むことが条件となっており、30万円以上の追加出費が必要となる。

 JTBは「お客様の強い要望を受け、例外として応えざるを得なかった」と弁明する。大枚をはたいてでも日本代表を応援したいサポーターがよほど多いのだろう。国土交通省が調査した結果、約30社がチケット手配を行っていた。

コメント2

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「例外だらけのW杯チケット」の著者

坂田 亮太郎

坂田 亮太郎(さかた・りょうたろう)

日経ビジネス副編集長

東京工業大学大学院修了後、98年日経BP入社。「日経バイオテク」「日経ビジネス」を経て2009年から中国赴任。北京支局長、上海支局長を経て2014年4月から日経ビジネスに復帰

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員