• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

@cosme、「クチコミ検索」システムを稼働(日経情報ストラテジー)

400万件の生の声を生かす

  • 小林 暢子

バックナンバー

2006年7月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

@cosmeの2人
ユーザーサービスディビジョンコミュニティ開発グループの高橋太志プロデューサー(左)とシステム企画部の二口英幸氏

 国内最大の化粧品クチコミサイト「@cosme(アットコスメ)」を運用するアイスタイル(東京・南青山)は、5月にサイトをリニューアルした。クチコミ情報の全文検索機能などを導入し、ユーザーの利便性向上を図る。

 1999年にスタートした@cosmeは、ユーザーが化粧品の使用感などを登録する「クチコミサイト」として急成長し、現在までに400万弱のクチコミ情報を蓄積している。サイトに掲載する広告に加え、化粧品のネット販売や、ユーザーの生の声を生かした化粧品メーカーへのマーケティング支援サービスなども収益源になっている。

気分に応じた検索も可能

 従来、同サイトでは商品名やメーカー、ブランド名、アイテムなどによる検索機能を提供していた。例えば「ソフィーナ(花王の化粧品ブランド)」の「パウダーファンデーション」で検索すると、商品情報と、その使用感などのクチコミを閲覧できるという具合だ。

 「商品別・アイテム別の検索を『縦軸』とすると、リニューアル後のサイトでは、機能や気分といった『横軸』でクチコミ情報を検索することが可能になった」とユーザーサービスディビジョンコミュニティ開発グループの高橋太志プロデューサーは話す。例えば、皮膚の「テカリ」を防ぐという目的からクチコミを検索して、化粧水や化粧下地を探すといった使い方ができる。

 ユーザーの「気分」に応じた検索も可能だ。例えば恋愛中の女性が、「恋コスメ」というキーワードで検索して、同じような状況のユーザーが登録したクチコミから「これが私の恋コスメです」と薦めるマスカラやルージュを探す例もあるという。@cosmeのクチコミ情報では、「恋コスメ」のほか「コスパ(コストパフォーマンス)」や「リピ確定(リピート購入確定)」といった独自の言い回しが多く使われている。全文検索機能によって、こうしたキーワードによる検索を素早く正確に行えるようにすることで、400万件のクチコミ情報をフル活用する。

コメント0

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師