• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

海外流出続くアニメ産業

無策が生んだ若手不足

  • 伊藤 暢人

バックナンバー

2006年8月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」などのヒット作を生み出してきたスタジオジブリ。だが、この夏休みに公開した「ゲド戦記」の興行成績は、伸び悩みぎみだ。7月29日の公開から8月20日までの興行収入は53億円、動員数は420万人で、興行元の東宝は「夏の邦画の中では最高ではあるが、『千と千尋』に比べれば6割程度の水準」と言う。

 「業界関係者はジブリなら100億円は堅いと見ていたが、それは難しそう。興行実績に対する期待が高すぎたとも言えるが、観覧客からは『内容が期待外れだった』との声も聞かれた」(日経エンタテインメント!編集部)という。

伸び悩んだ「ゲド戦記」

 この作品では、「千と千尋」などで世界的に著名な宮崎駿氏の息子、吾朗氏が初めて監督を務めた。「ゲド戦記」の伸び悩みの背景には、細部にわたり徹底的に自らチェックする駿氏のような異才がいなければ、世界の衆目を集める作品を生み出せなくなりつつある日本のアニメ産業の弱体化があるのかもしれない。

 経済産業省が「先端的な新産業分野」と位置づけている日本のアニメーションは、実際には海外の会社の力も借りて制作されている。「ゲド戦記」でも、透明のフィルムに絵を描いた「セル画」を彩色する作業の一部などを韓国の会社に発注した。「我々の要求を満たす技術と能力を持っている。『千と千尋』以降、この会社との関係は広がっている」(スタジオジブリ)と言う。物語の背景から、登場人物の心情などまでを十分に理解し表現できる人材の確保が国内では難しくなりつつあるようだ。

画像2

 その半面、日本ではテレビのアニメ番組がブームとなっている。業界団体の日本動画協会によれば7月段階で東京地区では1週間に103本が放映されており、本数ベースでは過去最高となった。しかし、山口康男事務局長は「DVDの販売を主眼に置き、深夜放送向けに番組を作るケースが増えている。だが、DVDの値下がりが激しく、有名な作品以外はほとんど赤字」と指摘する。

 マニア向けにDVDを制作し、広告の代わりにそのアニメ番組を深夜テレビで放送する。1990年代末から日本のアニメが世界で注目を集めると、こうした収益モデルが盛んに活用された。だが、ここにきてマニアがこの手法から離れているにもかかわらず、いまだに番組数だけが増えている。

 そもそもこの収益モデルを支えたのは、海外とデジタル化を活用したコスト削減だった。セル画は1秒間に8~24枚が必要となり、30分番組では約4000枚を要する。その彩色工賃は国内では1枚150~200円程度と言われるが、中国や韓国に出せば人件費だけを見れば10~20%に抑制できるという。日本からの受注が増えるに伴い、中国や韓国では施設整備などの産業支援に乗り出して技術水準を引き上げ、作品の出来映えを左右するセル画の輪郭や、セル画の元になる絵の作成などまでも請け負うようになっている。

 2000年代に入るとデジタル技術によりさらにコスト低減が進んだ。手で描いた基本的なデザインをコンピューターに読み込んだり、デザイン自体をコンピューター上で描く方法が普及した。セル画を1枚1枚描き彩色する手間がなくなり作業効率は高まる。国内ではほとんどの制作会社がデジタル化に対応した。

 その結果、何が起きているか。アニメ制作の現場では、細かいノウハウを身につけた若手の人材不足がますます深刻化している。

 日本の有力制作会社で、唯一従来の方法を守っているのは、今年38周年を迎える長寿番組「サザエさん」を制作するエイケンだけだ。この番組ならではの「日本的な味」にこだわり、東京都荒川区の本社では、約50人の社員が今でも手作業での制作を貫いている。この番組の制作に携わっているのは、社外の協力者も含めて合計約130人だが、人材の入れ替わりがほとんどないという。

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授