• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米国発-CMはテレビよりオンラインゲーム

トヨタ、ウォルマート・ストアーズ、コカ・コーラが続々と出稿

  • ニューヨーク支局

バックナンバー

2006年9月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 仮想の都市をさまようゲームの世界で、街角に現れた広告看板。果たして、これは仮想なのか、現実なのか。

 発売5年目を迎え、いまだに世界中のゲームファンを魅了する「アナーキー・オンライン(anarchy online)」。20の国際的なゲーム賞を獲得した怪物ゲームは、無秩序な世界で戦う主人公を演じる内容となっている。

 いかれた科学者、官僚、ロボット…。次々と出現する難敵を倒し、ある街角にやって来た時のこと。荒んだ街路に、突如として巨大な広告看板が現れる。そこには、黒いベールに覆われたクルマと、「TOYOTA」のロゴマークが描かれている。

 

Massive,Inc.

 「クリックして、ベールを剥がして!」

 すると、荒れ果てた風景には場違いなピカピカの小型車の広告が出現する。

 ゲームの中に現実の宣伝広告を出す――。トヨタ自動車は、米国向け小型戦略車「ヤリス(日本名ヴィッツ)」を宣伝するため、こんな仕掛けを始めたわけだ。

 ヤリスは今春、米国市場に投入されたばかりだが、ガソリン価格の上昇という追い風もあり、好調な売り上げを誇っている。8月末の販売台数は4万4200台に達した。目標だった年間7万台のバーは軽くクリアする見通しだ。

テレビの視聴時間を減らす18~34歳の男性

 「おやじグルマ」のイメージ払拭へ。好調な販売の裏側で、トヨタはこんな新広告によって、これまで広告訴求が難しかった若い世代を取り込もうとしていた。

 「ヤリス」の販売価格は1万2000ドル前後で、購買力の低い若者もターゲットに据えていた。しかも、若者を意識して、少し丸みを帯びた“イマ風”のデザインにしている。

 価格、デザインともに自信作のヤリス。だが、売れるための最大のハードルは、ブランドイメージだった。「おじさんが乗る車」というイメージの払拭は、トヨタの長年の課題となっている。

 ところが、若者世代に向けた効果的な宣伝戦略を、トヨタは見失いかけていた。なぜなら、彼らはテレビを見なくなっているからだ。そこで、トヨタが探し当てた手法が、ゲーム広告だった。

コメント1

「NBニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長