• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

レクサス支える超巨大ソフト

歩行者の飛び出しにも自動で急ブレーキ

  • 伊藤 暢人,佐藤 嘉彦

バックナンバー

2006年9月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

レクサス「LS460」
レクサス「LS460」

 潜水艦のごとくソナー(音波探知機)を使ってクルマが駐車場所を認識し、自動的にハンドルを左右に切って縦列駐車を手助けしてくれる。

 追突されそうになると、まずハザードランプを点滅させる。それでも衝突されそうな場合は、直前にセンサーが運転者の頭の位置を測り、すれすれのところにヘッドレストを動かす。頸部への衝撃を減らすためだ。

 9月19日、トヨタ自動車(7203)が満を持して発売する高級ブランド車「レクサス」の旗艦車「LS460」は、加速性、快適性、安全性などの面で、様々な革新技術を盛り込んでいる。その性能を実現するために、ついにこのクルマは「約700万行という航空機並みの量のソフト」(トヨタ関係者)を積んだという。一般の車両が約400万行(カーナビゲーション分除く)とされることからも、いかにLSをコントロールするソフトが巨大かが分かる。

 さらに今回最も注目されるのは、走行中のクルマの前に飛び出してきた歩行者を検知し「自動的にブレーキをかける」機能だ。

 クルマの前部に取りつけたミリ波レーダーで、障害物を発見するシステムは2003年に量産化している。それに、フロントガラスの内側に取りつけた2台のカメラが捉えた前方の映像を、画像処理する機能を加えた。これをレーダーからの情報と合わせて解析し、衝突の約1秒前にブレーキを利かせることができるようになった。

世界最高の画像処理チップも

 このシステムに、新開発の画像処理チップを提供したNECエレクトロニクスの宮路吉朗自動車システム事業部長は「トヨタ側からの要求で処理能力を従来の2倍に引き上げた。世界最高の性能と自負している。これを皮切りに自動車の安全分野に参入していく」と話す。ちなみに、このチップは、1秒間に1000億回の演算をする能力を持つという。

コメント1

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長