• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニトリがネット通販の売上高倍増で
サービス拡大を模索

  • 川又 英紀

バックナンバー

2006年9月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

図版
ニトリの東京本部も入居する「赤羽店」

 家具販売大手のニトリがインターネット販売の拡大を模索している。前期(2006年2月期)、ネット通販の年間売上高は約3億5000万円だったが、今期は倍増の約7億円まで拡大しそうな勢いである。

 これまでニトリは「広告宣伝部」がネット通販も担当してきたが、来期以降はサービスの充実を図るため、新たに「通販事業部(仮称)」を設置して、ネット通販の専門部隊を組織する方向で検討を進めている。同時に、来年5月以降には新たにネット通販の自社サイトを立ち上げ、付随するシステムや物流体制を抜本的に見直す。早ければ、この年末にもシステム開発に着手する。

後発から一気に巻き返しへ

 ニトリがネット通販のためにヤフーの電子モールに出店したのはわずか2年前であり、家具の販売会社としてはかなり後発だ。ネット通販の売り上げ規模としてはまだまだ小さい。ただし、社内的にはこの2年間で、同社の店舗(ホームファニシング)で一番小さな規模の年間売上高(約6億円)に並ぶところまで成長してきた。

 ニトリは、2011年までに店舗網を現在の136店から300店まで拡大する計画を持っている。店舗網の拡大がニトリの最優先事項であり、ネット通販は店舗の補完的なサービスとしての位置づけが強いが、一方で一部の顧客からはネット通販の要望が強まっている。「ヤフー、そして楽天の電子モールにも出店してから、店頭でお客様とネット通販の話になる機会も増えた。今後は店舗網の拡大と同時並行で、ネット通販を充実させなければならない」(高橋邦彦・広告宣伝部マネジャー)。

コメント0

「日経情報ストラテジー発ニュース」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授