• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日産に「言い訳しない文化」

ゴーン社長、「今期最高益」発言の裏

  • 宮東 治彦

バックナンバー

2006年11月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日産のカルロス・ゴーン社長は中央決算発表の席上、今期の最高収益更新に並々ならぬ自信を見せた
日産のカルロス・ゴーン社長は中央決算発表の席上、今期の最高収益更新に並々ならぬ自信を見せた  (写真:都築 雅人)

 カルロス・ゴーン社長率いる日産自動車が、2006年9月中間期の連結決算を発表した。本業の儲けを示す営業利益は、前年同期比15.3%減の3486億円。中間期の営業減益は8年ぶりで、ゴーン社長が日産に赴任してからは初めてだ。日米欧で新車投入がなかったとはいえ、日産の「成長の限界説」もささやかれる中、ゴーン社長は記者会見で次のセリフを3回繰り返した。

 「今期、日産はまた最高益を生み出します。7期連続です。年度末には過去最高の販売台数を上げるでしょう」

 強気の発言の裏を探ると、ゴーン社長の真意が浮かび上がってくる。

米国で収益重視の販売に転換

 強気の理由はまず、日産が連結収益の6割を上げる北米市場にある。

 同市場では下期から、新車を積極投入する。7月に発売した小型車の「ヴァーサ(日本名ティーダ)」に続き、主力セダンの「セントラ」「アルティマ」を投入、「インフィニティG35(日本名スカイライン)」も発売する。

 北米日産のドミニク・トルマン上級副社長は本誌の取材に対し、「米国の販売台数のうち、それら4車種が約40%を占める。それがすべて新車になる」と強い自信を見せた。

 北米日産は実は、販売戦略も転換している。上期の不振は新車投入の端境期に当たったうえ、世界で100万台の販売増を目指した前年の反動が出たためだが、「シェアを無理に追わず、利益を重視している」(トルマン上級副社長)という。実際、日産の営業減益幅は今年7~9月期で前年比4.9%減と、4~6月期の25.7%減に比べて縮まった。「7~9月期は想定以上の決算。販売費の支出が予想より少なく、収益確保への姿勢は評価できる」(JPモルガン証券)との声が多い。

コメント9件コメント/レビュー

昨年11月、私は「今期過去最高の営業利益が達成出来なかった時、ゴーンさんがどのように言い訳けするのか楽しみです。」とコメントしました。(下記)私の予想通り、そのコミットメントは達成不能となりましたが、ゴーンさんは恥も外聞もなく「状況が予想以上に厳しかったから」と、最低の言い訳けをしました。ゴーンさんを初め、年に何億円もの報酬をもらっていながら状況の把握も出来ず、利益を上げられない日産の経営陣は、全員即刻退陣するべきではないでしょうか。(2007/02/13)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

昨年11月、私は「今期過去最高の営業利益が達成出来なかった時、ゴーンさんがどのように言い訳けするのか楽しみです。」とコメントしました。(下記)私の予想通り、そのコミットメントは達成不能となりましたが、ゴーンさんは恥も外聞もなく「状況が予想以上に厳しかったから」と、最低の言い訳けをしました。ゴーンさんを初め、年に何億円もの報酬をもらっていながら状況の把握も出来ず、利益を上げられない日産の経営陣は、全員即刻退陣するべきではないでしょうか。(2007/02/13)

今のニッサンは、技術力、将来性、車の魅力と信頼性のどれをとっても、トヨタやホンダにまったくかなわないのではないかと思う。コストカットとコミットメントだけでは、収益力は高められても現状維持か縮小均衡がいいところで、持続的な成長は期待できない。昔は日産車のファンだったが、将来の技術に投資しない短期視点の経営と経営トップの超一流の報酬額のアンバランスさなど、個人的には賛同しかねる外資の特徴ばかりが目立ってきたように感じる。(2006/11/12)

ゴーン氏の手法は、一にも二にもコストカットとコミットメントの達成。販売店の社長は、雇われのサラリーマン社長。コミットメントの達成、それも自分が在職中だけ達成できれば跡のことは関係ない。そんな手法に販売会社の社員は疲れ果て、モチベーションもモラルもあったものではない。ある時期、再建のためにコストカットをし、社員の急癖を改善するために厳しい手法を取ることはあっても良いだろう。しかし、それは次のステップへの手法であって、何時までも継続するものではないように思う。今のままでは、取り返しのつかない地獄を見るのではないかと心配する。私は、日産内部の人間ではないが往年の一日産ファンとしての意見である。(2006/11/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長