• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「トリュフ1900万円」報道の品格

なぜか日本では報じられなかった巨額落札の最終目的

2006年11月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 香港の実業家が、約1900万円もの高値でトリュフを落札──。

 先週、こんなニュースが流れた。このニュースを見聞きした日本人の中には、羨望のまなざしを投げかけながらも、「中国の美食家がカネにものを言わせて贅の限りを尽くしているのか。なんて品がないんだ」と感じた人が少なくないのではないだろうか。だが、実態はちょっと違う。

日本の庶民にはチョコレートの方が馴染み深い…

 本題に入る前に復習しておくと、11月14日付のNHKニュースは「高級食材として有名なトリュフのオークションが、11月12日に名産地として世界的に知られるイタリアのピエモンテ州で開かれ、3つ合わせた重さが1.5キログラムもあるトリュフが、香港の実業家により12万5000ユーロ、日本円にしてなんと、およそ1900万円で落札された」と報じた。

 また、翌15日の時事通信は、巨大なトリュフの写真付きで「香港で14日、報道陣に披露されたのは1.5キログラムのアルバ産の白トリュフ。トリュフの中でも最高級といわれるこの逸品は、ある香港人が史上最高値の12万5000ユーロ(約1900万円)で落札した」という記事を配信している。

 復習ついでに触れておくと、トリュフとはキャビア、フォアグラと並ぶ世界3大珍味の1つ。これらは、いずれも養殖や人工栽培によって増産が図られているが、天然物の希少性で考えると最も価値が高いのはトリュフである。

 日本名では「西洋松露」、セイヨウショウロ科セイヨウショウロ属のキノコの総称であり、フランス語でTruffe、英語ではTruffle。我々庶民にとっては、トリュフの形状を模して作られた同名のチョコレート菓子の方が馴染み深い。

 最近は日本でも発見されて話題になっている。珍味中の珍味と言われているものは、「黒いダイヤモンド」と呼ばれるフランス産の黒トリュフ、「白い黄金」と呼ばれるイタリア産の白トリュフである。

巨額落札したのは実業家ゴードン・ウー氏

 さて、本題である。1900万円で落札した香港人とは誰なのか。

 それは、複合企業であるホープウェル・ホールディング(合和実業有限公司)の胡應湘(ゴードン・ウー)会長とその妻の郭秀萍である。

 ホープウェルはゴードン・ウー氏が1代で築き上げた企業グループで、不動産開発、発電所や高速道路への投資、ホテル経営が事業の主体。中国国内でのビジネスに主眼を置いており、日本企業との関係も深い。ゴードン・ウー氏は、中国人民政治協商会議全国委員会香港地区委員でもあり、香港が英領だった時代に英国政府から爵士(ナイト)の称号を授与されている人物である。

 日本でほとんど報道されなかったのは、その目的である。それは大金持ちの個人的で、驕奢な道楽などではなく(そういう面もあるかもしれないが)、慈善事業の一環だったのである。

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「トリュフ1900万円」報道の品格」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長