• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国勢も環境車に夢中

レクサス・ハイブリッド3車種を中国で販売へ

  • 宮東 治彦 , 佐藤 嘉彦 , 北京支局 田原 真司

バックナンバー

2006年11月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 トヨタ自動車が2007年中をめどに、高級車ブランド「レクサス」3車種のハイブリッド車を中国市場に投入することが、明らかになった。

中国で発売するトヨタのハイブリッド車「レクサスRX400h」  (写真 : 岩崎 稔)
中国で発売するトヨタのハイブリッド車「レクサスRX400h」  (写真 : 岩崎 稔)

 「中国市場では来年、レクサスブランドで(今年の2倍以上の)2万5000台の販売を目指す。ハイブリッド車の投入でさらにイメージを高めたい」

 11月19日から北京市内で開催された中国最大の自動車ショー「北京国際汽車展覧会」。開幕に先立ちメディアに公開された18日、レクサスの発表会で、トヨタの服部悦雄・中国総代表はこう語った。

LSとGSのハイブリッドも

 トヨタは2007年初め、「レクサスRX400h(日本名ハリアーハイブリッド)」を中国で輸入販売することを発表。同社はハイブリッド車「プリウス」を中国で組み立て生産しているが、高級車ブランドの「レクサス」でのハイブリッド車投入は初めてとなる。

 さらにレクサス中国の藤田秋夫・市場推広部主査は本誌に、レクサスLSとGSのハイブリッド車も、それぞれ来年中に中国で輸入販売に乗り出す方針を明らかにした。日米で販売する最新モデルの投入で「海外留学経験のある30~40代を狙う」(藤田氏)とともに、環境対応の高級車の拡充でブランドイメージを一気に高める戦略だ。

 加えて、トヨタは「カローラ」や「カムリ」など量産型のハイブリッド車の中国生産にも乗り出す方針を持つ。

 ホンダも今回、兵後篤芳専務が「中国でシビックハイブリッドを出したい」と現地生産の構想を明かした。

 ハイブリッド車だけではない。今回のショーではディーゼル車の展示や投入宣言も目立った。

 「我々の先進的なディーゼル技術なら、ガソリン車より20~40%燃費が良く、ハイブリッド車より経済的だ」

 独ダイムラークライスラーのディーター・ツェッチェCEO(最高経営責任者)はこう言って、土埃にまみれたメルセデス・ベンツの新型ディーゼル乗用車「E320CDI」を紹介した。パリからディーゼル車36台で大陸横断の旅を敢行。1万4000kmの行程を26日かけ、ショーの前日に北京に着いた。

 独フォルクスワーゲン(VW)も中国でディーゼル車戦略を強化する方針で、高級SUV(多目的スポーツ車)「トゥアレグ」のディーゼル版などを今後投入する。VW中国の蘇偉銘執行副総裁は、「ジェッタなど既にディーゼル車を導入している。2010年には中国全体でディーゼル車比率が5~10%に達するのでは」と期待する。

 ただ現実にはハイブリッド車やディーゼル車の販売は、一部に過ぎない。例えば、トヨタ・プリウスは年3000台の販売目標に対し、今年1月の発売から7カ月で1000台に達した程度。排気量1500ccで価格は約30万元(約450万円)。これならカムリの高級版(27万元)を買ってもおつりが来る。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)